米国の利上げと欧州の緩和終了って?世界経済の行方【その2】

こんにちは。ひろこです!

前回は利下げと量的緩和の効果について解説しました。これらの政策で経済が活性化されたら次に行うのは、量的緩和の終了と利上げです。

現在ECBは12月で量的緩和終了、米国は利上げを行っています。日本はまだお金の量を増やしている最中なので、真逆の政策ですね。今回は量的緩和終了と利上げの効果について解説したいと思います。

〜目  次〜

①量的緩和の終了(ECB(欧州中央銀行))

②量的緩和終了後は利上げ(FRB(連邦準備理事会))

---------------------------------------------------------------------------

これより先は有料ゾーン(300円)になります。継続課金(1,250円)のマガジン「お金研究所」を購入すると毎月5記事以上配信される記事をお得に読むことができます。

※9/1から始まった「お金研究所」のは購入月より前の月に書かれたものは単品での購入が必要になるのでご注意!

この続きをみるには

この続き:1,541文字
記事を購入する

米国の利上げと欧州の緩和終了って?世界経済の行方【その2】

あっきん

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートはいりません。コンテンツが良かったよ〜!という方、こんな記事書いてほしい!とかあったらバンバンSNSで発信してくれると今後の参考になります!!ハッシュタグ「#お金研究所」付けてね!

5

あっきん

元公務員 / 投資家 / 小説家 / 奈良在住 / 35歳 / 4人家族 / お金に縛られない人生を歩んでいる人。/ブログ「akilog」の著者 https://akilog.jp/