ケーキ屋さんになりたかった、幼稚園児の夢。

久しぶりに思い出したのだけど、幼稚園の頃、ワタシの夢は「ケーキ屋さん」でした。

みんながなりたい「お花屋さん」ではなく、「ケーキ屋さん」

当時はまだ、幼稚園児(女子)がなりたい職業No.1と言ったらお花屋さんだったと思います。周りの女の子たちの大半はそう言っていました。

他の夢を持っている子もいたけれど、ケーキ屋さんになりたかったのはワタシだけ。

今考えたら、多分その頃から周りとは少しズレてたのかも。なんとなく、みんなの半歩斜め前くらい(もしかしたら後ろかも)をマイペースに歩いてた子でした。


ケーキ好きの、ケーキ屋さんへの不満。

当時から、1番好きなケーキはチョコレートケーキ。チョコレートクリームがデコレーションされた、いわゆるショートケーキのチョコレートver.ではなくて、ガトーショコラみたいに濃厚で少しかためのもの。

母の手作りを食べる機会も多かったけれど、近所のケーキ屋さんに寄るのも好きだったなぁ。

でも、いつも思ってたことがあって。「なんで、ケーキ屋さんでケーキを食べれないんだろう?」って。

当時、まだカフェスペース併設のケーキ屋さんが全国的に少なかったのか、それとも偶然、住んでいた近くにそのようなケーキ屋さんが少なかっただけなのか。

そこはわからないけど、ただ、近所にあったドーナツ屋さんとか、アイス屋さんにはカフェスペースがあったのに、ケーキ屋さんにはそれがなくて、いつもお家に帰るまでケーキはお預け。

だから、「ケーキ屋さんでも、ケーキが食べれたらいいのに!」って思ってたんだよなあ。


幼稚園で書いた、将来の夢。

年中だか年長だかは覚えていないけど、幼稚園で将来の夢について書く機会がありました。

小学校の夏休みの日記のように、イラストを書くスペースと文字を書く用の罫線が引かれた1枚の紙。

ワタシが書いたのは、もちろんケーキ屋さん。

子供らしく、よくわからない変な形の外観。店内は、左側にショーケースが並んでいて、右側にはテーブル席がいくつか。外にもベンチがあったかな。

きらきらした石とか、幼稚園のお手洗いの入り口にあったカラフルなガーランドで飾りつけて、ショーケースにはカラフルなケーキ。制服もリボンなんかがついた可愛らしいもので、自分がカワイイと思っていたありったけのものを詰め込んだ空間。

(店内がとにかくカラフルだったのは、当時のワタシが、猫の塗り絵さえも片耳ずつ虹色にするほどの、カラフル好きだったから。ついでに言うと、一緒に書いた店員さんはカラフルなうさぎだったと思う…)

ケーキを買ったら、そのままそこで食べれるように用意したカフェスペースも、まさにワタシの願望!


「すべての原点はそこだった」かもしれない説。

とね、ふと久しぶりに思い出した昔の夢。なんだけど、今更気づいたわけです。ワタシかなり具体的に考え過ぎなのでは...

いやいや、むしろ「ワタシ、最初っから自分で起業する気満々じゃん!!」

色々思い出しているうちに気づきました。

確かに「ケーキ屋さんになりたい」とは言っていたけど、そういえば「ケーキ屋さんで働きたい」とは一度も言っていないし、思ったこともない。

幼稚園児だから「起業」とか「社員」とか知らないし、その後も深く考えたことはなかったけど、「ケーキ屋さんになりたい」というのは自分のお店を持つイメージしかなかったし、そのつもりで、ワタシだったらこうするなという理想を紙の上に自分のお店をつくっていました。


ーーー

この話を友人にしたら、「やっぱり、きっちゃんは最初からそういう体質なんだよ」って全然意外性も何も感じないといわんばかりのテンションで返されました。

そう言われて、自分自身も何だかすとん、と腑に落ちた感じ。そっかそっか、そうだったのか。

全然、他人が聞いたら大した話ではないと思うのだけど、でも自分の中では何だかこう嬉しいというか、一つ自分を認めてあげられた気がして。

正社員に向いてないのは、世間に溶け込めないからってネガティブな気持ちが強かったけど、それだけではないのかもなって。意外にも、最初から道はすぐ近くにずっと見えてたのかもしれないな〜。(ある意味灯台下暗し、なのかも。)


(ちなみに、これまで色んな夢を叶えてきたけど、唯一ケーキ屋さんは、未だに働いたことがないんです。BAKEのチーズタルトとかミスドとかそっち系はあるけど。やっぱり店員さんになりたかったからじゃなかったのかもね)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2019春、マルタ留学をしたら今度はフィリピンに行きたくなりました。それからポストカードと名刺もつくりたいです。

マルタに帰りたいです。
25

kicchan

日々の記録。

月初めと月終わりの報告会。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

じーんとしました✨
勇気付けられました。
ありがとうございました!
高橋恵子さま
コメントありがとうございます!お返事遅くなってしまってすみません😱
勇気付けられた、なんて言っていただけて嬉しくて飛び跳ねました!
こちらこそ、ありがとうございます♡
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。