アクセサリーのVMDその2

アクセサリー屋さんの魅力はアイテムの分け方で決まる!

昨日の記事でアクセサリーのVMDについて書きました。↓

昨日は、什器や内装、タグ(下げ札)といったハード・ウェア的なお話でしたね。

今日はその続編。

実際のVP,IP,PPをする際の手順です。

VP,IP,PPといったVMD用語はこちらを参考にしてくださいね↓

アイテム・カテゴリーをわかり易くしよう!

アクセサリー屋さんで扱っている商品は、基本的にサイズが小さい。

ピアス、ネックレス、ペンダント・・・

なので、遠くからでは何を売っているのかわかりにくい。


それをわかり易くするには、アイテムやカテゴリーで分ける事です。

この続きをみるには

この続き:584文字/画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
なかなかノウハウを得にくいアクセサリーの表現。お店のスタイル・立地、商品のテイスト・価格。夫々に応じた魅力の引き出し方が学べます。

アクセサリーを魅力的に魅せるには?そのためのノウハウが学べます。

または、記事単体で購入する

アクセサリーのVMDその2

藤井雅範/VMDコンサルタント

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは行動範囲を広げることに使わせていただきます。それによって読む人に役立つ記事を書いていきますね。 いつもありがとうございます!

嬉しいです!
1

アクセサリーの魅力を引き出すVMD

アクセサリーを魅力的に魅せるには?そのためのノウハウが学べます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。