第1章 誰も乗り越えてはならない──青森県立美術館 立石遼太郎

意味作用の行き来は、《ファーンズワース邸》がそうであるように、いわばタネもシカケも現わされているにもかかわらず、生まれるイリュージョンとしてある。
ぼくたちは、表面しか見ることができない。しかしその表面から、ぼくたちはいつも、実際には見えていない裏側を想像している。裏側とは、そのものの実際のあり方である。ぼくたちは、その表面からいつも、そのものの実態を想像する。
(中略)レトリックつまり説得術を発動させるには、見えが揺るぎなく、微動だにしないで、ある虚構を演じきらなければならない。
青木淳「見えの、絶え間ない行き来」『青木淳 JUN AOKI COMPLETE WORKS 〈2〉青森県立美術館』INAX出版、2006
※太字筆者

0 「見えの、絶え間ない行き来」

この引用から察せられる通り、「見えの、絶え間ない行き来」は、建築とフィクション、その両者の関係が描かれている。しかし、“フィクションとはなにか”という設問の答えが書いてあるかといえば、事態はそれほど簡単ではない。テキストはあくまで《青森県立美術館》(2005)で考えられたことを読者に伝えるためにある。
一方、この連載は建築とフィクションの関係を考えることを目的とする。フィクションを通じて、果たして建築はおもしろいのかということを検証することが目標だ。
第1章では、青木淳について考えることでフィクションという言葉を整理したい。同時に、青木淳の建築物──とりわけ《青森県立美術館》に付随する“ある独特のわかりにくさ、厄介さ”の正体を、フィクションを通じて解き明かしたいと思う。

この続きをみるには

この続き:17,535文字/画像11枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
2019年6月より毎月10日更新(日曜・祝日の場合は翌月曜)。1年間、計12回の連載。 記事1本ごとの価格は300円。 12本まとめた価格は2,400円。

「フィクション」の概念を通して、建築を捉える試論。全12章の構成。///立石遼太郎氏は、修士制作《静かなレトリック》(2015、東京藝...

または、記事単体で購入する

第1章 誰も乗り越えてはならない──青森県立美術館 立石遼太郎

millegraph(株式会社ミルグラフ)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

31

連載「建築におけるフィクションについての12章」立石遼太郎

「フィクション」の概念を通して、建築を捉える試論。全12章の構成。///立石遼太郎氏は、修士制作《静かなレトリック》(2015、東京藝術大学サロン・ド・プランタン賞)から、一貫して建築を語る語彙をより豊かにすることを志向し、新しい語りを提示してきた。そのエッセンスは、論考「...
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。