【アジア文化への熱狂と疑問-2-】 NewsPicksの88rising動画を見て

先日、88risingの東京公演に行った感想を書いた記事を書いた。記事はこちら。この記事を書いた数日後に ニューズピックス(NewsPicks)から代表、ショーンミヤシロへのインタビューを中心とした88risingの動画が公開されていた。

一時代を築くムーブメントの一端を日本語で観れるインタビュー動画は必見だ。

だがしかし、取り上げた媒体がニューズピックス(ビジネス媒体)だということに一抹の不安を覚える。私は、88rising所属のJojiがビルボードのHIPHOP/R&Bチャートで1位になったこと、88risingのアメリカツアーが成功したことが、"アメリカにおけるアジア人による音楽ビジネス成功のロールモデル"として日本で捉えられてしまうことを懸念している。もちろん88risingはビジネス的に成功しているだろうし、代表のショーンミヤシロも間違いなく優秀なビジネスマンだ。

何故、彼らを成功のロールモデルとしてはいけないのか?

そもそもアメリカ発のアジア人を中心とした音楽レーベルを真似た企業を日本のビジネスマンがやるってどういうことなのだろう?英語の出来る日本人ラッパーを海外に送り込むということなのだろうか?答えは否だろう。

彼らと彼らに憧れる日本人の決定的に違うところは、彼らが"アメリカ発"のアジア人音楽レーベルだということだ。彼らの音楽、カルチャーは主にアジア系アメリカ人やアメリカ及びそのカルチャーに憧れるアジア人に向けられたものだからだ。

アメリカ人口の約5%がアジア系アメリカ人だ。アメリカ在住の知人曰く「トランプ以降、アジア人への被差別的なムードは少なからず増した」とのことだった。そのムードの中で、アメリカに住むアジア系アメリカ人の人々と近しい境遇であるアジア系ミュージシャン達のヒップホップやR&B(アメリカにおけるメインストリームである音楽ジャンル)でのかつてないほどの活躍が、アメリカに住むアジア系アメリカ人を中心に熱狂を巻き起こし、この一大ムーブメントを築いたのだ。

これと同じようなムーブメントを日本の中から起こそうとした場合、誰がターゲットなのか。アメリカ在住経験のある日本人?将来、海外移住を本気で考えてる日本人?まあなんにせよ88risingと同じ手法ではきっと日の目を見ることはないだろう。ショーンミヤシロが言うように日本にも魅力的なアーティストはたくさんいるので、彼らの世界的ヒットにはいち日本人として期待したい。

今回はたまたま動画を見たタイミングだったので短いかつ、ビジネスに寄った話になってしまったが、次回は【アジア文化への熱狂と疑問-1-】の最後に書いた、"アジアンカルチャーが欧米でどう受容されているのか"という私自身の疑問について考え、結論を導き出したい。

#88rising #アジアンアメリカン #newspicks #ニューズピックス #コラム #音楽 #アメリカ #アジア #国際 #マーケティング #文化 #ヒップホップ #アジア #ダイバーシティ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Mabhi

25歳。ファッション、旅、音楽、デジタルあたりに関心がある人の雑記です。ファッションに関わる仕事をしています。ファッションの未来に興味があります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。