「デリバリースーサイド2」〜作者の記録(10)アキラ&優馬編〜

開幕まで数日と迫った「デリバリースーサイド2」について、今回は各キャラクターの深い掘り下げと、演じてくださるキャストさんに迫って記述してみる。

今回は、バーの店員で年の差ゲイカップルコンビ、右近アキラと千葉優馬について。

キャスト紹介 →インタビュー映像&文章もぜひ

キャスト写真 →渡邊圭氏(モノガタリ)撮影のブロマイド

▶︎右近アキラ:珊里と真琴の知り合い、オネエ言葉の昭和なゲイ。彼氏である千葉悠馬の店を手伝っている。

▶︎作者のイメージ:酸いも甘いも乗り越えた、人生経験豊かで蘊蓄好きなゲイ。手厳しい言葉も言うけれど、基本的には情に厚い思いやり溢れるタイプ。ちなみに女装はお店でのコスプレです。

▶︎キャスト:エスムラルダさんについて

エスムさんとは、二丁目のとあるバーで数年前に初めてお会いした。
ドラッグクイーンショーを拝見するより先にお話しさせていただいた際は、大変気さくでお優しい方という印象。

その後にショーやお芝居、一人芝居ミュージカルを拝見して、いつかご出演いただきたいなと思っていた。

前作にも別役でお誘いしたが、スケジュールの都合でかなわず、晴れて今回ご出演いただけることになった。

パフォーマーだけでなく、トークに文筆業と、とにかく多才で大活躍していらっしゃる、活動が追いきれないほどのエスムさん(詳しくはツイッターなどでぜひご確認ください)。

柔らかい物腰で誰にでもにこやかだが、台本についての提案や鋭い質問もいただいてとても助かった。

通し稽古では多数の衣装をまとって、こちらも大変楽しませてもらった。会場にお越しのお客様、衣装にもぜひご注目を。
ゴージャスでスタイル抜群ですよ!


▶︎千葉悠馬:右近アキラの彼氏で二丁目の店のオーナー。

▶︎作者のイメージ:爽やかで優しく接客好き。遥か年上のアキラをなだめたり茶々を入れたりする。ラブラブな様子を見せようとするアキラをたしなめつつも、まんざらではない。

▶︎キャスト:森友樹さん

主演の五十嵐さんの事務所に所属なさっている森さんは、大阪でモデル経験あり。
アイドル風の若々しさがある役者さんは〜とマネージャーさんに相談したところ、ご出演いただける運びとなった。

千葉優馬という、若きバーのマスター役だが、森さん自身もかなり料理がお得意で、サーブするのが大好きだという。

森さんを紹介した際のエスムさんが、彼のイケメンぶりに本当に嬉しがっていて、まずはお願いしてよかったと思った。

年の差でいうと、彼氏役のエスムさんは親といってもいいかもしれないが、各場面で仲のいいところを見せつけてくれる。

それが本当に嬉しそうに見えて微笑ましいのは、森さんのお力だと思う(ちなみにLGBT当事者はエスムさんと主宰だけです。たぶん)

森さんの笑顔は、伊田役の中三川さんや名取役の大橋さんとはまた違った、柔らかな癒し効果があるように思える。

ブロマイドも素敵に出来上がってます!
ぜひ会場でゲットしてください。

【公演情報】※指定席は間もなく完売です。

第2回 a-fiction m&h theater
「デリバリースーサイド2」
【日程】2019年1月29日(火)〜2月3日(日)全10公演
【会場】八幡山ワーサルシアター
京王線八幡山駅より徒歩30秒

[Introduction]
自殺者が増加した某国
法改正により新たなビジネスが生まれた
自殺の後始末を本人から請け負う専門業者
その名もデリバリースーサイド 通称DS〜ディーエス〜
[Story]
「私は自殺してません」
依頼人の自殺者が残した奇妙な書き置き
「過労死だ、会社に殺された」と兄がDSに援助を求めるが…
「デリバリースーサイド」シリーズ第2弾

2017年秋に第1回を上演して好評を頂いた
ミステリー 「デリバリースーサイド」
DSの経営者黒木と助手の伊田、吾妻と吉良の刑事コンビも再登場
新たな出演者と共に、シリーズ第2弾をお届けします

演出・脚本協力 赤星ユウ (レティクル東京座)
原作・脚本 菅原愛 (a-fiction)
【出演】
五十嵐啓輔(和奏AGENCY)、 中三川雄介(レティクル東京座)、
田邊俊喜、山本沙和(レティクル東京座)、 兎美心(REVE INNOVATION)、長野耕士、 音羽美可子、大橋篤、
松山コウ(劇団C2)、ハズレKUJI(阪口拓嗣:ボクらの罪団)、
エスムラルダ、森友樹(和奏AGENCY)、
城田さおり、えみかん(8割世界)、卯木祐矢(劇団わたあめ工場)

チケットはこちら
http://mh-theater.a-fiction.com/ticketschedule/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

a_fiction

「デリバリースーサイド2」〜作者の記録〜