「デリバリースーサイド2」〜作者の記録(8)名取&真琴編〜

開幕まで数日と迫った「デリバリースーサイド2」について、今回は各キャラクターの深い掘り下げと、演じてくださるキャストさんに迫って記述してみる。

今回は前作からの継続キャラ、明るいストーカー名取省吾と、ヒロインの一人、里上真琴について。

キャスト紹介 →インタビュー映像&文章もぜひ

キャスト写真 →渡邊圭氏(モノガタリ)撮影のブロマイド

▶︎ 名取省吾:前回の事件でDSと関わり、なぜか入り浸るようになった明るいストーカー。天衣無縫。お節介。

▶︎作者のイメージ:開放的な性格で取らなくてもいい行動をとって、なんだか知らないけれどトラブルに巻き込まれる、しかしそれで落ち込んだり悩んだりはしない、超陽性なキャラ。そんなタイプは今時珍しいかも。

▶︎キャスト:大橋篤さんについて


ひょうきんで元気、「人が引いてるかも」とか気にしない。
逆に元気にしてやるとか思ってるかもしれない?

何か知らないけどその場にいて、やってることは図々しいけど憎めない。
いつの間にか溶け込んでる、それどころか役に立ってる?

そんな分かり易そうで実はつかみどころなかったりする、人間大好き名取省吾くん。

前回では、被害者の彼女を慕うあまり、疑わしい行動をとって犯人にされかける。
今作はその後、というお話。

大橋さんのことは阪口さん所属の「ボクらの罪団」の出演を拝見したのが初めて。その後もいくつか舞台を拝見して、名取がはまるのではとオファーした。ホストの役で弾けていらしたのをみて、お願いしてよかったと思った。

若さあふれるエネルギッシュな演技は、今回の登場人物で最も「陽性」度の高い名取省吾にぴったり。

テーマもストーリーも重くなりがちな今作品では、一息つける、おかしみと安らぎとなってくれると思う。

笑顔の素敵なブロマイドも、ぜひお求めくださいね。


▶︎里上真琴:自殺した(と思われる)児玉珊里の親友。兄の友能に協力するためDSと関わりを持つ。

▶︎作者のイメージ:決断が早くてキビキビしている。さっぱりした性格だが、ちょっと直情径行なところがあって、知らずに人を傷つけることも?基本的にはまっすぐな、熱い心を持っている女性。

▶︎キャスト:山本沙和さんについて

山本さんのお芝居は、レティクル東京座さんの「氷雨丸」で初めて拝見した。男勝りな感じのするキリリとした役柄で、スポーティなスタイルの良さと相まって、記憶に残る女優さんだった。

里上真琴というキャラは、良くも悪しくもきっぱりと返事を返す。
戸惑いがなくて、少々ぶっきらぼうで、誤解されやすいタイプかもしれない。
とはいえ、さまざまな要素で成っているのが人間というもの。

山本さんは、その単純におさまらない「人」の深さ、威勢のいい人物の中に細やかに表現してくださっている。

ストーリー上、もしかしたら満面の笑顔は少ないかもしれないが、さまざまな色のある表情を見せてくださっている。

彼女の感情の動きとともに、ストーリー世界を楽しんでもらえたら幸いです。

(余談:クラウドファンディングのトークショーでは、真面目にお答えくださっていたのに、エピソードが面白すぎて一番笑いを誘ってました)

【公演情報】※指定席は間もなく完売です。

第2回 a-fiction m&h theater
「デリバリースーサイド2」
【日程】2019年1月29日(火)〜2月3日(日)全10公演
【会場】八幡山ワーサルシアター
京王線八幡山駅より徒歩30秒

[Introduction]
自殺者が増加した某国
法改正により新たなビジネスが生まれた
自殺の後始末を本人から請け負う専門業者
その名もデリバリースーサイド 通称DS〜ディーエス〜
[Story]
「私は自殺してません」
依頼人の自殺者が残した奇妙な書き置き
「過労死だ、会社に殺された」と兄がDSに援助を求めるが…
「デリバリースーサイド」シリーズ第2弾

2017年秋に第1回を上演して好評を頂いた
ミステリー 「デリバリースーサイド」
DSの経営者黒木と助手の伊田、吾妻と吉良の刑事コンビも再登場
新たな出演者と共に、シリーズ第2弾をお届けします
演出・脚本協力 赤星ユウ (レティクル東京座)
原作・脚本 菅原愛 (a-fiction)
【出演】
五十嵐啓輔(和奏AGENCY)、 中三川雄介(レティクル東京座)、
田邊俊喜、山本沙和(レティクル東京座)、 兎美心(REVE INNOVATION)、長野耕士、 音羽美可子、大橋篤、
松山コウ(劇団C2)、ハズレKUJI(阪口拓嗣:ボクらの罪団)、
エスムラルダ、森友樹(和奏AGENCY)、
城田さおり、えみかん(8割世界)、卯木祐矢(劇団わたあめ工場)

チケットはこちら
http://mh-theater.a-fiction.com/ticketschedule/



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

a_fiction

「デリバリースーサイド2」〜作者の記録〜