「デリバリースーサイド2」〜作者の記録(11)貴美&智恵&若林編〜

開幕まで数日と迫った「デリバリースーサイド2」について、今回は各キャラクターの深い掘り下げと、演じてくださるキャストさんに迫って記述してみる。

今回はセミナー受講生の三輪貴美、二平智恵、運営会社社員の若林京介について。

キャスト紹介 →インタビュー映像&文章もぜひ

キャスト写真 →渡邊圭氏(モノガタリ)撮影のブロマイド

▶︎三輪貴美:セミナーの受講生、主婦 。

▶︎作者のイメージ:ちょっとちゃっかりした、意識高い系、頑張ってるお母さん。自己啓発セミナー講師の応援に生きがいを感じている。なかなかの圧で周囲を圧倒、いつのまにか自分の影響下に置いていく。

▶︎キャスト:えみかんさんについて

今回、えみかんさんがいらっしゃって、どんなに助かったかわからない。

途中から合流された役者さんの代役を全部つとめ、セミナー受講生として桐野先生のテンションを上げ、それはそれは大活躍してくださった。

役者のみなさんを唸らせる創意工夫と、すぐ要求を再現してしまう達者さなど、とても頼もしい女優さん。

えみかんさんとは、某ミュージカル団体さんでご一緒させていただいた。
その際もパワフルでエネルギー溢れる演技をみせてくださった。

いわゆる「メインキャラ」という立場ではないものの、存在感に圧倒される。

えみかんさんのお芝居、どうぞご期待ください!

▶︎二平智恵:桐野のセミナーの受講生、フリーター 。

▶︎作者のイメージ:優しいけれど気弱で自分の意見をいいづらく、ちょっと周りに流されやすいところがある女性。そんな自分を変えたくて、自己啓発セミナーに通ってみるが…さてその結末は?

▶︎キャスト:城田さおりさんについて

ミュージカルや歌唱のご出演が多い城田さん。
他の団体さんではメインの重要な役を振られているのを拝見してきた。

今回は、さおりさんお得意の歌唱やダンスが全くない会話劇だったが、お誘いしてご快諾いただいた。

柔らかくふんわりしたとてもお優しい雰囲気で、今回の二平智恵という、ちょっと頼りない、大丈夫?と言いたくなるような役を、巧みに演じてくださっている。

普段、はつらつと歌を披露している城田さんを見慣れている方には、結構珍しい役かもしれない。

ぜひ、会場で見届けていただきたいと思います!


▶︎若林京介:イベント会社勤務で珊里の同僚。

▶︎作者のイメージ:実直で誠実な、真面目なサラリーマン。気弱そうに見えながら、結構手堅いしっかりしたタイプ。(ミステリーの場合、往々にしてこういうタイプが犯人ぽい、というのはキャストさんの談です)

▶︎キャスト:卯木祐矢さんについて


作者としては正直、役者さんにとっては「若林京介」というキャラは、演じていて手応えに乏しいかもしれないと思っていた。

真面目でよくいそうな会社員、ちょっと地味目な感じ。

しかし、これがお芝居の不思議?なのか、「若林京介」という役が、なぜか他のキャストさん達の間で大のお気に入りになってしまった。

卯木さんがいない日の代役を、やたらとみんなやりたがる、という謎な事態になり、彼自身も「???」という感じだったらしい。

(たぶんこの稽古場で消え去る)色々な造語も生まれた。

・バヤシ→「若林の略称」

・初林→「初めて若林を演じること」(by兎美心さん)

・◯林→「◯の部分に別な役者さんの一字が入る。その人がやる若林のこと」

すっとした几帳面な感じの雰囲気で、スーツがよく似合う卯木さん。
ブロマイド撮影の時は、就活スーツのモデルさんのようだった。

某ミュージカル団体さんでご一緒したのをきっかけに、今回お誘いした。
大人しく真面目そうな会社員というイメージに、とてもマッチしたお芝居をしてくださっている。

(若林大ブレイクは面白いおまけでした)

所属の劇団わたあめ工場さんでは、ファンタジーなお芝居が多く、このようなタイプの会話劇は珍しいという。

シリアスな現代劇を演じる卯木さんを見られるのは、なかなか珍しいかもしれません!

【公演情報】※指定席は間もなく完売です。

第2回 a-fiction m&h theater
「デリバリースーサイド2」
【日程】2019年1月29日(火)〜2月3日(日)全10公演
【会場】八幡山ワーサルシアター
京王線八幡山駅より徒歩30秒

[Introduction]
自殺者が増加した某国
法改正により新たなビジネスが生まれた
自殺の後始末を本人から請け負う専門業者
その名もデリバリースーサイド 通称DS〜ディーエス〜
[Story]
「私は自殺してません」
依頼人の自殺者が残した奇妙な書き置き
「過労死だ、会社に殺された」と兄がDSに援助を求めるが…
「デリバリースーサイド」シリーズ第2弾

2017年秋に第1回を上演して好評を頂いた
ミステリー 「デリバリースーサイド」
DSの経営者黒木と助手の伊田、吾妻と吉良の刑事コンビも再登場
新たな出演者と共に、シリーズ第2弾をお届けします
演出・脚本協力 赤星ユウ (レティクル東京座)
原作・脚本 菅原愛 (a-fiction)
【出演】
五十嵐啓輔(和奏AGENCY)、 中三川雄介(レティクル東京座)、
田邊俊喜、山本沙和(レティクル東京座)、 兎美心(REVE INNOVATION)、長野耕士、 音羽美可子、大橋篤、
松山コウ(劇団C2)、ハズレKUJI(阪口拓嗣:ボクらの罪団)、
エスムラルダ、森友樹(和奏AGENCY)、
城田さおり、えみかん(8割世界)、卯木祐矢(劇団わたあめ工場)

チケットはこちら
http://mh-theater.a-fiction.com/ticketschedule/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

a_fiction

「デリバリースーサイド2」〜作者の記録〜