見出し画像

「モノ売り」でも「コト売り」でもない。現場でモノが動く本質は何か?

「モノではなくコトを売ろう」

最近、ネットニュースでも決まり文句のように言われているので、とっても興味深くみています。

コトってなんだ?

それはユーザーが「モノ」を通して得ることのできる「価値や体験」を売るということらしい。その結果として「モノ」が売れるという考え方のことらしい。

良心的で企業の側の立場にたった真面目なマーケティングコンサルタントの方々は、そんな論調で発信しているなって思います。なるほどーー。。。


いやあ、頭の良い人の考えることって違うなあ・・・

いや・・・それでさ・・・

小売の現場はなにすればいいわけ??


バラエティの小売の現場



実は、どんなに良心的で真面目なコンサルタントの方々が真面目に分析してアドバイスしてもさ。じっさいに、小売の現場でなにをしたらいいのか、いまいちわからない。


たとえば、わたしの場合はコスメ販売の小売の場所に毎日入るわけで。

お客様さまは、「モノ」が欲しいわけではなく。
お客さまは、ただ美しくなりたいだけ。

だから販売員は、美しくなれるためのサービスを売るんだ

そういう論調になるんじゃないか?
わたしはそう感じる。わたしがお客さまに美しくなれるためのサービスを売って、そのお客さまはどうなるんでしょうか??

えーーーーーーーーーー

ワカラナイーーーーーー

美しくなれるためのサービスを売るとして、それをした結果、お客さまが美しくなったら??
それだけーーー?それでいいの??



とりあえずお仕事はお客さまと楽しんで過ごしてみる


名前がまったく知られていない化粧品。
レシピや原材料もすべてオリジナル商品、世界に一つの化粧品
成分の知識や皮膚への影響をたたきこまれた販売員

そんな商品やサービスを持った会社はなにをすべきなんだろう?

こういう現場にいると、本当に人の流れがよく見えてきます。人の行動や心の動きが、数ヶ月ですごいスピードで変わっていく。


こうなってくると、美しくなるためのサービスを売っていただけでは、商品は売れません!!!


第一、それだけじゃ現場は楽しくない!だから本質は、

お客様さまは、「モノ」が欲しいわけではなく。
お客さまは、ただ美しくなりたい。
そのことによって、毎日を楽しくワクワクして生活したいだけ。


そう!!ワクワク&楽しさが加わってくるんです。

だからね。現場のスタッフはこう思うようになる

「お客さまをワクワクさせるにはどうしたらいいか?」
「自分が楽しくないと、お客さまも楽しくできないんじゃないか?」
「どうしたらワクワクが伝わるように話せるかしら?」

そこには、販売するスタッフ一人一人の「個人」ってういうのが加わってきます。そういうことだよね!

「モノ」でも「コト」でもない。小売の現場で必要なこと、それは・・・


自分のワクワクを伝える

それがモノが動く仕組みの本質なんだと思う。

そういう時代だからこそ、
700円のビューラー(まつ毛をクルンとさせる器具)を買いに来たお客さまが、結果的に7,000円のお買い物をしていく。しかも化粧品。

こういうことが日常に起こる。これは本質である「個性」と「ワクワク」が共感しあえたときに起こるので、奇跡でもなんでもないんだよね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

37

ピノコ

好きなお客さま・好きな人だけと関わっていきたい、ナチュラルコスメ販売員・宮下藍です。オタク的に、自分と違う考えの人に興味があります。オタクなわたしが、好きな人だけで周りと調和できれば周りの人もきっと幸せ。女性のこころのコラムやエッセイを中心に掲載する予定

宮下藍のコラム

選り好みが激しいコスメオタクなわたし・宮下藍が、仕事や日常を通して感じたことをコラム形式で書いていきます。 特に、女性の生活やこころの部分を主観的に書いていきます。
1つ のマガジンに含まれています

コメント3件

ただモノによって得られるコトを説明しても、それってただの商品説明じゃないかなって感じます。それによってどう楽しいとか有意義な経験が出来るかを付加するって大事なんだろうな、とも。バラエティな世界なら尚更。
ヒト、でしょうね。モノにしろコトにしろ本質はヒトだということをモノやコトというフィルターをかけることによって現場の人を動きやすくする、ということだと感じています。直接的な事実だけではお客さんは離れていってしまいますから。
なぜなら、当初700円ですむはずだったものが7000円になることや表記のないサービスにおいて来店理由をきかず提供することだけに直視されれば不自然だと感じさせてしまうことに繋がりかねませんから。
コメントありがとうございます^ ^ そう言ってもらえて嬉しいです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。