めかしこむ。

もうすぐ29歳。三十路も間近な私だが、この歳になって、過去最高に自分をめかしこむようになった。

*めかしこむ=お洒落すること。


私は小学生の頃から、服によるお洒落は好きだった。今考えると誰が見ても自分のタイプに合っていない、カウボーイのような帽子や、ポケットいっぱいのぶっといパンツを着ていたりして、「お洒落である」とは言い難かったけれど。それでもずっとお洒落は大好きだった。

ただその一方で、メイクというものがどうしてもあまり好きになれなかった。それは漠然とした「自分を必要以上に盛ることへの抵抗」もある。

だがそれ以上に、大多数の意見として見かける「女子はメイクしないほうが良い」なんていう男性意見に同調していたのも大きい。私は男性の目を気にしていたのだ。

また、私の面立ちはどうにも幼く素朴で、少しでも似合わない色をつけてしまうと途端に「あら、お母さんのメイク用品で遊んじゃったの?」といった具合になってしまうことも、よりメイクに積極的になれない原因になっていた。

メイクはしてもほとんどベースメイクのみ。アイメイクなんて一切やらなかった。それが良いものだと思い込んでいた。どぎついメイクをしている女性たちに「ケバい」と冷ややかな目線を送っていたこともあると思う。


でも、ここ数年で私は自分に合うフルメイクを覚えはじめた。28年も生きてきて、メイクを始めてからでも10年は経っていて、それでも今やっとである。

すると、これがどうだろう。楽しいのだ。素っぴんの自分よりも、目が大きくパッチリと見える、可愛らしい自分を作れることが、楽しいのだ。自信にもなるのだ。

そこには一般的な男性の目線どころか、愛しい人の目線すら入ってこない。ただ、自分が楽しい気分になるため、自信を持つために、私はせっせとめかしこんでいる。


「メイクは人のためにするものでない。自分のためにするもの」

という概念を、この歳になってはじめてきちんと理解できたような気がする。


そして、自分が嫌だからではなく、他者を意識してメイクをしていない人がいるのなら、ぜひ一度ちゃんと自分に似合うメイクをしてほしいと思う。

伝えたい。めかしこむことは、楽しいよ、と。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

猫カフェ代、もしくはカラオケ代となり、私に癒しが提供されるボタンです。

9

たけなわアヤコ

フリーライター兼、編集/ライター歴7年/札幌在住のバツイチアラサー/ブログやTwitterもやっていますが、ツイート以上ブログ未満のつらつらとしたつぶやきはこちらへ投稿しています。その場の香りや体温が匂い立つような文章を書きたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。