寝ながらでも、無意識にでも、包み込むように抱きしめてくれる腕に幸せを感じる。

同時に、ひとりぼっちで毎日泣いていた幼い日々を思い出したら、なお今の幸せが尊くて。

今も泣いてしまった。

幸せになれるんだなあ、って。

なれるものなんだなあ、って。

泣いている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

猫カフェ代、もしくはカラオケ代となり、私に癒しが提供されるボタンです。

10

たけなわアヤコ

フリーライター兼、編集/ライター歴7年/札幌在住のバツイチアラサー/ブログやTwitterもやっていますが、ツイート以上ブログ未満のつらつらとしたつぶやきはこちらへ投稿しています。その場の香りや体温が匂い立つような文章を書きたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録