ちゃんあか

自分を知るために、自分を認めてあげる場所をつくりました。カイゼンの文化が好きです。インハウスデザイナー2年目になりました。

怒涛の2018年を終えて2019年を迎えた今

こんにちは!株式会社Osenでデザイナーとして活動している、ちゃんあか (@akairo1996)です。

2018年は私の人生のターニングポイントでもあった年で、毎日が目まぐるしく「怒涛」という言葉がこれ程までに合うのか!というくらい怒涛の一年でした。笑

そんな2018年が駆け足で過ぎて行き、2019年を迎えた今しっかり振り返って向き合い、今年はどんな一年にしようかという話まで綴って行けたらと

もっとみる

出会うべき人に出会えたのは、自分がしてきた選択があるからなのかもしれない

「あなたの尊敬する人は誰ですか?」

よく面接でも聞かれるこの質問。
親、友人、先輩、恋人、恩師、スポーツ選手、芸能人。
みなさんなら誰と答えますか?

誰だってみんな最初は誰かに憧れて興味を持って何かを始めて、誰かのようになりたくて、初めて目標を持ち尊敬する人が生まれんじゃないかと思う。

そう考えてみると確かに、尊敬できる人はたくさんいるのかもしれない。
だけど、自分の人生が変わったと思えるほ

もっとみる

行動をして経験してこそ学びになった8つのこと

こんにちは!株式会社Osenのちゃんあか (@akairo1996)です。

7月から環境が変わり、社内の一人デザイナーになってから4ヶ月が経ち待ちました。1ヶ月って本当に早いですね。。一人になったことで自分自身と向き合う時間が増えたり、今まで経験したことがなかったことにも挑戦することが増えたりと、日々新しい経験をしながら目紛しくお仕事をさせて頂いています。

今回は、そんな日々の中で今までわかっ

もっとみる

Osenロゴに込めた理想の姿と制作の裏側

こんにちは!株式会社Osenのちゃんあか (@akairo1996)です。

今年7月にスタートアップの創業メンバーのデザイナーとして入社し、3ヶ月が経ちました。やっとこのスピーディな毎日に慣れてきて、ずっと書かず書けずにいたロゴのお話。

入社して最初に制作したコーポレートロゴを制作していく中で、ロゴに込めた想いや裏側などを少しnoteにつづってみようと思います。

目次
1. Osenとは

もっとみる

飲み会の幹事は学びの宝庫!?幹事を通じてユーザー体験を考えた話

先日、専門学生時代のクラスメイトを集めてクラス会を開催しました!

「集まりたい」と数人で始まった話で、気づいたら幹事になっていた訳なのですが、幹事を終えてみて思うこと気づくこと、それは幹事は学びの宝庫じゃないか!!!ということです。

飲み会の幹事は、6割の人がやりたくないというデータがあるそうですが、幹事をやることで実はビジネススキルを磨けるだけでなく、webやアプリ・サービスを提供する上で考

もっとみる

知らないは怖いが、知るはもっと怖い

「広告を通して新しい発見に出合う場所。世界に例のない広告ミュージアム」のアドミュージアムに行ってきた。

平日だったのもあるのか、自分のスピード感で自分の好きなようにゆっくり、じっくりと作品を見ることができた。得るものがたくさんあって、加えて入場料無料というのがまた素晴らしい、、、ありがとうございます。

人の心を動かすデザインの宝庫

見切れない程の展示があったが、まさに"宝庫"その通り

もっとみる