知識がなく恐縮ですが、大きく分けてWeb集客にはどんな手法がありますか?

いえいえ、とんでもありません。

細かくあげるときりがないので、仰る通り大きく分けてお話しますね。


いくつか手法がありますが、近年は記事を書いて集客する方法が主流です。記事数が多いほど集客の網の目が広がります。

メリット

記事が検索上位を取るほどコストを掛けずに集客できる

デメリット

効果が見られるまで半年程度は掛かってしまう


広告での集客

リスティングなど検索エンジン連動型広告や、Facebook・TwitterなどのSNS広告、成果報酬のアフィリエイトなどのWeb広告全般による集客です。

メリット

すぐに効果が見え、費用対効果の改善を試みやすい

デメリット

集客のためにコストを掛け続けないといけない


SNSでの集客

SNSからの流入を狙った記事や、SNSアカウント自体をユニークな投稿で育てて集客する方法です。取り組む方がSNSの空気感を理解している必要があります。

メリット

バズると瞬間的に大きな流入が得られる

デメリット

注目を得られないとまったく集客できない

ここまでに紹介した3つの方法は、じゃんけんのように三すくみの関係になっています。

すぐに効果が測れる広告を出すのか。長期視点で検索流入を得られる記事を作るのか。当たれば大きな流入を得られるSNSに活路を見出すのか。

一方で、広告を出せばお金が掛かる。検索流入を狙えば時間がかかる。SNSは空気が読めないと当てられない。何事も完璧な方法はないということですね。

では、限られたリソースをどのように配分するか。

多くの企業はまずは広告にリソースを割くことが一般的です。3つの方法の中では、一番外れにくく、費用対効果を計算しやすいのが理由ですね。

あるいは業界にもよりますが、一括見積サイトや、各種ポータルサイトにイニシャルコストを払って登録し、そこからの問合せを狙っていく場合もあります。これも比較的効果が読みやすいです。

但し、持っている予算をすべてこれらに割いてしまうと、常に出血しながら集客することになります。そこで、一部をコンテンツ制作に回し、長期的な集客も並行して行う。いまはこうした手法が一般的ですね。

適切な施策の選び方や予算配分が分からない……。そんな場合は、お気軽に無料相談へお越しください。

http://ninoya.co.jp/welcome

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ふるこし

やさしいWebマーケティングの話

日ごろお客さまからいただく質問の答えをやんわり噛みくだいて、いつかどこかのWebマーケティングに悩む方へ届けます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。