そろばん塾経営のリアル。そろばん塾経営が軌道に乗るまでの全記録。

実は、このnote、5月3日早朝にいきなり全部本文が消えました。

皆様のご協力で、ちょっとずつもとに戻すことができました。ありがとうございます。

それでは、再び。汗


そろばん塾って儲かるの?どうなのよ?知りたい人もいるかもしれません。それだけで食べていけるのかって。

現在おかげさまで、そろばん塾自体の売り上げは1000万円は超えられているので、生活にはなんとか困っておりませんが、それに至るまでの全記録を時間をかけて加筆修正をどんどん加えて作っていこうと思います。

ちなみに、後半では価格設定の話などもしていきます。

なお開塾当初、2012年8月の月謝は6,500円でした。

週3時間まで来られてこの値段でした。

強豪と比べて安くしよう。そして、質が高いものを提供すれば、間違いなく生徒は集まると。

ところが…。

【このあと実際の家賃の話、生徒がどれだけ集まったか、どんなことをして生徒を集めたか。という話をしていきます。そして、8年目にしてようやくまさにこれか!ということに気づけたので、そこまでのお話を。当時、自分がそろばん塾をやるときに知っておけばよかったなぁということを書いています】

1、開塾最初の4カ月。いきなり資金がなくなる。

この続きをみるには

この続き:12,297文字

そろばん塾経営のリアル。そろばん塾経営が軌道に乗るまでの全記録。

sorobanbestko

2,480円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

そろばんを世界に普及しよう!とあちらこちら飛び回っています!そして、良きそろばん文化を次の世代にも引き継いでいくことも必死に考えています!ぜひともよろしくお願いいたします!

嬉しいです!!
15

sorobanbestko

そろばん塾経営、Youtubeチャンネル運営、日本国際そろばん協会副理事長。ピアノ演奏、勉強のコツなども指導、1教室で150名の生徒を指導。海外を飛行機で旅する珠算人。珠算界をがらりと変えてやろうと奮闘。 『そろばん式暗算が子どもの右脳を鍛える!』(大和出版)を2018年に出版。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。