見出し画像

茶の湯 2017年5月19日

「お茶道具」を集めて並べる楽しみが少し分かった気がした。

並べた風景を楽しむ、
並べた横にいる自分をその空間に溶け込ませる。

「お茶道具」っていうのは一つの例であって、
自分たちがやるとしたら何でもいい。

一つの空間を作るという意味では例えばジオラマに通じると思う。

・・・お茶道具とジオラマとを一緒にするな、と思ったあなた。

お茶道具は素晴らしいものだ、
高貴なものだ、
という思い込みではないですか?

古の茶人がそのルールを作っただけではないですか?

あなたはそのルールを鵜吞みにしているだけではないですか?

あなた、その道具類を本当に好きですか?

ルールを作った奴の勝ち、ということも強く感じた展覧会でした。


阿部 隆夫

ぐぐたす(Google+)から移って来ました。 目的は備忘録です。

美術館・博物館

美術館・博物館へ行った記録
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。