「さよなら、おっさん」の広告から感じたメッセージ

どんなことでも誰かが築き上げたことだから、必ずその周りに常識ができる。
(最初はきっと「は?」ていうことだったんだろうけどねw)

その常識が時を経て「固定概念」に変わり、多くのイノベーションの芽を潰していることは間違いない。

問題は、その常識を作った本人ではなく、その周りで成功という名の甘い汁だけを吸ってきた人たちだ。

それを「おっさん」と言っているならば、全力賛成したい広告だ。

その広告を見てNews Picksの会員になるのは別に悪いことでもなんでもない。
それこそ個人の自由だ。

これはサッカー界でも同じだ。
至る所に「おっさん」が散乱している。

選手は向上心の塊だから「おっさん」にはならない。

変化を拒み、己の地位と肩書きを守り、行動に移さない人が多すぎる。

スピード感が命のこの現代において「おっさん」は必要なくなるんだ。

この「おっさん」の本質を捉えなければ、いつまでたっても苦しい美学を押し付けられるだけだ。

僕もこのチャレンジをして本当にそう思う。

誰かを否定したいわけじゃない。ただ今のままが嫌で変わりたい。その変化こそ世の中に貢献できることだから。

一回や二回のミスで歩みを止めてはいけない。

ミスした時こそ何度も前へ進むんだ。

そうすればミスはミスでなくなり、それは軌跡となる。

過去も未来もない。あるのは今と明日だけだ。

その積み重ねを未来と呼ぶだけだ。

今と明日を生きろ!
自分の心に素直に従うんだ!

あとは時間が結果を出してくれるから

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Abi

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。