【Vol.16】ドキドキのお見合い当日!

初めてのお見合い当日、カツオは、慣れないオシャレな空間に少しドキドキ。果たしてロープレ通りにうまくいくのだろうか?

お見合いは通常シティホテルのラウンジや落ち着いたカフェなどで行います。週末の都内の有名ホテルのラウンジはお見合いで予約が埋まってしまっているところもあるぐらい。
お見合いの日程調整や場所の設定・予約などは結婚相談所や婚活エージェントが代行してくれるので、お見合い成立後は忙しい人でもスムーズにお相手に会うことができます。所要時間は、だいたい1時間~1時間半程度です。あまり長すぎてもお互い疲れてしまうので、1時間程度がベストです。ただ、まだ話し足りないなどあるときは、「もう少しだけお時間大丈夫ですか」と相手を気遣い延長しましょう。OKであれば「もう一杯いかがですか」と聞くのがスマートですね。

実際のお見合いあるあるなのですが、男性側はトークが弾んだと思っていても、お相手の女性からお断りされるケースが意外と多いんです。初デートで終わってしまうという人にも共通点があるかもしれません。
「女性は共感の生き物」とよく言われますが、話を聞いてるフリが上手なだけだったりします。それをトークが弾んでいると勘違いした男性は、自分の興味や関心のある話を一方的にしてしまうという傾向にあります。会話は相手とのキャッチボールがどれだけできるかどうか。自分が何を話そうと悩むのではなく、相手の話をよく聞き、質問を返す。ただし、尋問になってはいけません。
また自慢話は特に悪い印象を与えてしまうので、初対面ではほどほどにしておきましょう。

相手の話に耳を傾け、話題を作ってあげる「聞き上手」に徹することが、第一印象アップの秘訣でもあります。また沈黙を避けるために、無理やり話をしようとするのもNG。話題がなくなりそうになったら、相手のプロフィールを思い出しましょう。趣味や興味、特技などは話しやすいテーマなのでトークも弾みます。
質問を受けた時以外は、男性は自分のことを話さなくても良いぐらいかもしれません。それよりも相手の話をじっくり聞いてあげることで、相手も話しやすくなり好印象を与えることができるはずです。お見合いや初デートの際には、「聞き上手」に徹することを意識できれば、きっと次につながるはずです!
-----------------------------------------
そろそろ本気で結婚したい!!という方、まずはWith_itの無料相談にお気軽にお越しください!ファッションアドバイスも実施しています。
お問い合わせ先は>>>こちら

※With_itは、会員数62,000名以上を誇る日本最大級の結婚相談所連盟IBJの正規加盟店です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

With_it

エンジニア男子の婚活奮闘記

主人公・カツオの職業はエンジニア。現在独身で彼女なし。 「いつかは結婚」と思っていたカツオは、「いつかは結婚」と思っていたあなたに共感してもらえる存在かも。カツオの婚活奮闘記、現在の婚活事情などもご紹介しながら描いていきます。 ぜひ応援してくださいね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。