会社を辞める前にこれだけはやっておいた方がいいこと

フリーランスになりたい、今の仕事に魅力を感じないという人に相談されたとき、まあ別に辞めてもいいと思うんだけど、その前にひとつ勧めることがある。

それは今の仕事を経営者目線で捉えること。

今の雑務がつまらない、やりたくないと言うのは、だいたいの場合『やらされている感』が嫌いなだけ。

もし自分がフリーランスになったら。

具体的に細かいところまでシミュレートしてみる。

朝は決まった時間に通勤するのか。どうやって営業をかけるのか。どういう流れで仕事を受注するのか。どんなフォーマットで見積もりを送るのか。メールの署名やフォーマット、使うツールはどうするのか。メールの署名やフォーマット、使うツールはどうするのか。請求してからの支払いサイトはどうなっているのか。この工程は削除できることなのか。

細かい部分まで創意工夫できる。

その準備段階として、きちんと確立された仕組みを、お給料をもらいながら見せてもらえていると思えば、これまでつまらないと思っていた仕事でさえ、全てがこれからの自分のための勉強だと思えるようになる。

視点が変わることで、自分の立ち位置を再確認することにもなる。

完成された組織の仕組みを見ることで、もしかするとフリーランスより組織にいることを選ぶかもしれない。もちろんそれもいい。

つらい、嫌だ、となっているときは別の選択肢を見つけることが救いになる。

組織を辞めて、ひとりで仕事することを超綿密に、さも本当のことかのように想像する。別の生き方もできることに気づく。それだけでいいことだってあるのだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わたしの方が好き!

ヨハクのお仕事②

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。