下関遠征

毎月1回はツーリングに行こうと、決起しての2回目!前回の島原は下道でしたが、今回は高速。

本当はXJ400を出動させたかったのですが、リヤサスをFGに発注して、サンプルで片側を送ってしまっているので出動不能。

RZ350Rを出さざるを得なくなりました。

まあ、RZでもよいのですけどね。

下関は下関でも、目的が無いとグダグダになるので、唐戸市場を目的地にして出発。

相棒は、トライアンフボンネビル。T140。1978年かそこらの750ccだったか?のOHVツイン同爆エンジン。

最初は、問題無く出発。

しかし、最初のサービスエリアで。

「駄目だ!マジきつい!」

との事。振動で腰にくるらしい。

しかもこのT140はカスタムしてあって、タンク容量が5リットル程度。(笑)

当然、サービスエリアごとに止まって給油と休憩。

で、高速では、時速80kmぐらいでしか走れない。何故なら、T140の振動で、100kmだと、80kmの1.5倍の振動らしい。(爆)

まあ、いいですけどね。

RZの水温が上がる以外は。

これは、YPVS無いと走れなかったと、Rである事に感謝。

そんなこんなで唐戸市場に到着。

とりあえず、市場を徘徊。そして、海鮮丼とかこういう場所ではお決まりのもんを食べる。

クラゲを見ながら。

適当な店に入って、とりあえず、瓦そばとか、フグ天ぷらなどを食べる。

しかし、瓦そばって微妙ですね。私には高尚過ぎて理解出来ませんでした。

瓦を熱して蕎麦を焼いて、パリパリ感を楽しむのでしょうけど。

瓦を熱するんじゃなくて、シリンダーヘッドで蕎麦焼いたら面白いんじゃないかな?バイカーに受けるんじや?とか、しょうもない事色々考えました。すいません。


で、帰り。

やっぱり80km巡行。猛烈に眠い。途中で、寝てました。覚えてない。(ーー;)

眠気覚しにサービスエリアで、何かを飲む。相棒は休憩で、腰を休める。

でも、当たり前のものは飲みたくない。

で、こうなる。

これは下関に向かっている時の写真。抹茶コーラ。抹茶にする必要あるのか?とは思いましたが、近くに八女か゛あるということて゛。

これは行きで飲んた゛のですが、その時謎のおじさんに、「RZイイっすね!」と声を掛けられます。

350R大人気ですね。おじさんに。^ ^


帰りも何か飲もうと思う訳で。しかし、何故か、

スイカソーダ。しかもがぶ飲み。

これが、不味い。全然減らない。

何で、こんなの買ったんだろ?と。自分を笑う。


そんなこんなで、地元に到着。

まあ、T140とRZでは、ステージが違うのでフラストレーション溜まりましたけど、それはそれで面白かったです。

また、行こう。下関。綺麗な街だね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

Ace.Katsuragi

音楽家、ギタリスト、シンガーソングライター、作曲家、作詞家、作家、聖書研究生、単車乗り、包丁使いのブログ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。