【赤の少女と白い虎】 1夜. はじまりの物語

真っ赤な満月の夜に生まれたその少女は、4番目の姫だった。

彼女が生まれた夜、見たこともない大きな白い鳥が、一晩かけて空を渡ったという。

歩けるようになったらすぐに宮殿を飛び出し、土の上を転がり、あっという間に野山を駆けめぐるようになった。

そして、泥だけになりながら、兄や従兄弟たちと相撲をとっては笑った。


彼女が川に向かう時には、美しい青のオウムがどこからともなく飛んできて、彼女の肩にとまる。

タロイモ畑へ向かう時には、何頭もの野生の馬が左右に現れて、守るように寄り添った。

王家の宇宙の風読み師は、彼女に「赤い剣(つるぎ)」という二つ名を与えた。


「この子は希望をつなぐ聖なる剣をたずさえて生まれてきた。

戦士の魂をもって運命の輪を外し、ゆく道を変える時には、必ずその役割を果たすだろう」と添えた。


3人の兄たちとともに、王家の谷で、空と大地の恵みのもと、すくすくと成長した。

彼女は3歳から兄たちの剣の練習に混ざり、5歳になる頃には誰よりも美しい剣の舞を披露して先生を驚かせた。

ある新月の夜のことだ。


姫は夜の散歩の途中で、コヨーテに襲われて死にかけている虎の子どもを見つけた。

真っ白なその虎は、月のない真っ暗な夜の闇の中で白く輝いていた。

真っ赤な血にまみれながら。

彼女はその虎に、古い言葉で白銀(しらがね)という意味の「トランカ」と名付け、弟のようにかわいがり、共に成長した。


腰まである真っ赤な髪をなびかせ、

白く輝く虎にまたがり、

民と王国を守った伝説の姫。


それが王女・ジョーイの物語である。

それはある祝典に届いたカラスの伝言から始まる。

つづきはここから

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう。めっちゃ嬉しい♪><..
9

連載【赤の少女と白い虎】文・あだちあきこ

絵・津山文子。ある王国のおわりとはじまり。神話の成分、すこし。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。