チョコレートで愛を語ろう

チョコレートはわたしの鬼門だ。
お金を惜しめなくて困る、唯一の食物なのだ。

焼き鳥大好き・安上がり(でも絶対的においしいもの)が自慢なのに
チョコとなると一転、別人格が顔をだす。

こんなわたしにしたのは、同僚がフランスみやげにくれた、
3粒のラ・メゾン・デュ・ショコラだ。

優雅で、でしゃばらなくて、品がよくて。淡雪のように
ふっと消えていくあの時間。
舌の上に、その痕跡を一切残さない見事な潔さ。
ぼんやりしてたらあっというまなのだ。
一粒に集中しなくてはならない。
呼吸を感じるんだ!いまここ、にいなくては!笑。

あの体験を何度でも味わいたくて、
2月になると、わたしの目は皿のようになる。
バレンタインのおかげで、大阪でいつもは買えないブランドが
近所の百貨店で買えるからだ。いい時代だー

遠い昔の憧れだったジャン=ポール・エヴァンも
ラ・メゾン・デュ・ショコラも、いまでは伊勢丹でいつでも買える。
もうそこにはギラギラしなくてもいい。
自分の好きなショコラトリーも、だいぶつかめてきた。

定番すぎるけど
やっぱり、BABBIのウエハースはこの時期に食べておきたい。
1個でいいから・・・でもいい値段なんだ、その1個が。
その昔に試食して、手頃で美味で腰がくだけそうになったペイラーノの
ジャンドゥィオッティだけは絶対に外せない!
これらは梅田阪急で手に入る。運がよければ。

余力があれば、クリストフ・ルッセル。
ついでに昔買って満足度の高かったピエール・ルドンをどうするか・・
大丸梅田にいってから考えよう。わたしはウキウキと歩き出す。

サダハル・アオキは凝り過ぎていて、わたしにはちょっとtoo much。
昔ホールのケーキを食べたときにそう感じたことを思い出す。そういう情報は、たいていはジャンルを超えて包括しているものだ。やめておこうっと。

そんなふうに買っていくとあっという間に
いちまんえん超えていく。
おそろしいことだ・・・
昔、京都の伊勢丹でそうなってしまってから、
かなり自制はしている。4万円は超えないように、を目標に。

とくにフランスやベルギーのチョコレートの
繊細さと口当たり、総合力は本当に芸術だと思う。
確かに高価な嗜好品に違いない。
でも、私にとっては、美術館に飾られている作品と同じで
アートや美、人間の創造力を感じさせてくれるものだ。
しかも食べられる。
なんてすごいことだ!
買わずにいられようか。

だから、こういったチョコは誰よりも
自分のためにわたしは買う。
心と五感の、元気のもととして。
それと同性の友達にもプレゼントしたい。

味わいというアートを共に楽しむ感性のある人に、そっと渡す瞬間を心から幸福に思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう。めっちゃ嬉しい♪><..
13

【泣き虫あきこの人生大全】

ものがたり、エッセイ、短編小説、思考の粒チョコです。お好きな味をお食べください♡

コメント4件

チョコレートホリックの(元)チョコレート販売員として、めちゃくちゃ共感したし、なんだか嬉しくなってしまいました……!
ベルギーフランスあたりの芸術的な繊細さ、儚さ、完成された感じも好きですが、わたしはスイスのチョコレートが身体に馴染むようで「これぞチョコレート!」と思います。
エンデさん、いつも見てます。チョコレートの販売をされていたなんて!いろいろ教えてほしいくらい。スイスのチョコでひとつ感動したブランドがあって..Laderach(レダラッハ)といいます。使用しているミルクの品質が常軌を逸していて。さすがのスイスクォリティに腰を抜かしました。わたしはかなりのビター派なのですが、スイスのものは別格で大好き。...ついついチョコの話ばかりしてしまった!どうぞよい旅路を。
うわあ!嬉しい!
レダラッハ、だいっっっすきです……北参道にお店があったときは、高くてあんまり買えないけどおっしゃる通りめちゃくちゃミルクの質が高くてタブレットも美味しいしハニービーちゃんも可愛いし、定期的に覗きに行ってました笑
閉店してからはサロン・デュ・ショコラでしかお目にかかれなくて泣いていたのですが三越に入るとのニュースをみて、働こうかと思ったくらい嬉しかったな〜。種類は少ないけど。
そしてね!ドイツにきた理由の3割は、スイスのチョコレートをたくさん食べたいから、なのです笑
基本的にはわたしもダークでビターな濃いチョコレートが好きなのですが、スイスクオリティは別格ですね!
(わたしもチョコレートへの愛が溢れすぎてしまった……)
わぁ♡ドイツでスイスのチョコ三昧!最高ですね〜わたしも飛んでいきたい!これからもよい旅を^ - ^♪楽しみにしていますね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。