スクリーンショット_2019-07-01_14

受験生対象「生徒総会」実施

皆さん、こんにちは。

6月28日で仁塾に通う全生徒の1学期期末テストが終了しました。結果が出揃うにはもう少し時間がかかりそうですが、今週中には粗方の結果をまとめてご報告したいと思います。

さて、先日の中学3年生(受験生)の授業で「生徒総会」を実施して、受験までの道のりを話しつつ、夏の過ごし方、7月の過ごし方を伝えました。

特に群馬県の公立高校は大きな転換期を迎えており、一昨年に続き、2020年度の受験でも大きな募集定員の削減が実施されます。

前橋東、前橋工業、高崎東、高崎工業、桐生南、伊勢崎、伊勢崎商業、太田女子など、各校40人減の募集となります。

募集定員を削減する高校自体の倍率に影響が出るのはもちろんのこと、地理的要素や学力的要素で近い学校に大きな影響が出てきます。その結果、なし崩し的にほとんどの学校が定員削減の影響を受けることとなります。

これは受験生にとって大きな問題ですが、受験においての解決策は自分自身の成績をしっかりと伸ばすことしかないのは、何ら変わりません。

ですから、仁塾の受験生には生徒総会を実施して、マインドアップを図りました。

夏は「受験の天王山」と言われますが、まさにその通りで、この7月8月の過ごし方が受験の合否に大きな影響を与えます。

仁塾では、7月を夏期講習会準備期間〜夏に最大限の成果を得るために〜と定めて、「ゆめのば。」を活用して、中1・中2内容を徹底復習してきます。

中1・中2の全単元を7月に全て網羅するのは時間的に厳しいと思います。

まだまだ部活動の最後の大会にかける生徒たちの思いも無駄にはできませんから…

ですから、各個人の苦手単元に合わせて、いくつかの単元をピックアップして7月は進めていきます。

昨年度は叶わなかった「仁塾生 第一志望校 全員合格」を達成するために、本格的にスタートしていきます。

中3生の募集は、夏が最後になる見込みです。現在塾に通われていない方、塾を変えようか悩んでいる方、お気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

JinJuku

「成績の上げ方」「合格力の付け方」のアドバイスは当然しますが、成績や進学先で人生が決まるわけではないということも伝えています。大切なのは「眼の前の目標や目的から逃げない」こと。逃げずにとりあえずぶつかってみたからこそ見える景色がある。その景色に納得がいくような努力をしましょう!

仁塾NOTE

桐生・伊勢崎に教室がある学習塾『仁塾 JINJUKU』での出来事を紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。