始めの一歩は終わりのはじまり!?

英語の指導をしていていつも思うこと。

最初でつまずいたら、終わり。

ということ。

英会話のスキルが必須になってきた昨今、多くの保護者さまが関心を持っている「英語教育」ですが、そこには大きな落とし穴があります。それは、

英会話ができる ≠ 英語の点数が良い

ということです。

英語への興味を持つという面や、今後の大学入試までビジョンを広げて考えれば、確かに英会話スクールでの知識は大きなチカラを持っています。ただ、即戦力として「学校のテストで点数を取る」という面で考えると、何年も英会話をやっていたとしても得点に結びつかないことが多い(多かった)です。

その大きな原因のひとつが「書けない」こと。

発音はできるのに書けない。学校のテストの8割は「書くテスト」ですので、これでは良い点数を取ることは不可能です。

もうひとつは「話し英語と書き英語の違い」に戸惑うことです。

学校のテストに出る英作文は、お堅い言葉として書かせますので、ちゃんと主語があって副詞の位置はこうで・・・って感じで文法的な制約が多いわけです。

つまり、生徒さんの中で英会話と学校英語のシンクロ率が低いので、小さい時から英会話を頑張ってきたのに何で英語の点数が悪いんじゃ〜ってなり、英語がだんだん好きじゃなくなってきて、最後には入試の足かせになってしまうという悪循環に陥ることに・・・

ただ、新高1の皆さんは大学入試改革の1期生として、英語に関しては4技能(Reading,Listening,Speaking,Writing)対策が必要になりますから、英会話の知識や経験は大きく役に立つことになります。

ただ、いちど英語でつまずくと、それを取り戻すにはヤバいほどの時間と労力が必要です。そして、高校は進学校、その後は大学というビジョンをお持ちの生徒さんは、英語が苦手だとかなり厳しい戦いを強いられます。

重要なPOINTは、

「英会話は話す英語として、学校英語は書く英語として、分けて意識させることが必要だということ」

です。

もちろん同じ英語なので、生徒さんが頭の中で会話と書き英語の違いに慣れるまではという限定的措置ですが。


仁塾ではいま、新中1の英語で「徹底的に書かせて」います。

最初「めんどくせー」とか思っていても、人間は慣れる生き物です。すぐにそれが当たり前になり、自然に書くようになります。

私は「英語ノート1ページ練習で、塾長POINTを1つ」あげるという「ニンジンぶら下げ法」(笑)で書かせまくってます!

英語を書くことに慣れれば、あとは超ラクチンですね。もし書かないことに慣れてしまうと、地獄を見ることになります、確実に・・・

お子さまの勉強方法・成績でお悩みの保護者さま、ぜひシマザキまでメールでご相談ください(^^) ※無料カウンセリング承ります

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

HitoshiShimazaki

仁塾 塾長NOTE

桐生・伊勢崎に教室がある学習塾『仁塾 JINJUKU』での出来事を、塾長の視点で綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。