見出し画像

修学旅行よりも楽しい合宿を思い出し

今年もやったんですよ。

色々あって参加率が過去最低だった分、心底、弱い自分を変えたいと思ってる生徒さんしかいない、過去最高クオリティの合宿になったと思います。

中には「修学旅行よりも楽しかった!」なんて言ってくれた生徒さんもいて、あんなに勉強させたのに楽しいなんて、すげーな、ウチの合宿!(゚∀゚)b

今回も、先生たちが考えに考えを重ね、相当な演出をしていたので、ただ単に勉強させる合宿とは違い、もはやエンターテインメントと言えるクオリティだったので当然と言えば当然でしょう。


私の本心、利益云々考えず、こういう、瞳の奥が燃えている生徒と共に努力したい。

それで、激烈な結果を出して輝き出す生徒が育ったら楽しいですし、この仕事をしていて本当に良かったと思える瞬間です。

近い将来、塾長と三者面談のうえ「受講料免除」で受講できる生徒さんが誕生したらいいですね。

勉強する気は強くあるのに、母子家庭で、どうしても授業料が・・・

このような生徒さんに出会うたびに、心の中で葛藤が生まれてしまいます。

塾の経営者には向かないのかも知れません(笑)


別に子ども相手でなくとも、お互いが共に成長できる時間を過ごしたいと、この頃よく思うようになりました。

「お金がないから…」「時間がないから…」って言うのは簡単で、そんなふうに何かと理由をつけて待っていても、何も始まりません。

「Aという条件が整っ『たら』行動する」「Bというリスクがなけ『れば』行動する」

じゃ、いつ条件が整うの?いつになったらリスクがなくなるの?

そんなの、誰にも判らないんですから。


勉強も仕事も、まったく一緒だと思います。


で、そういう口癖の人が結果を出しているのを、私は未だかつて見たことがありません。

「タラ・レバ」スタンスの人は、先に自分の時間やお金を使うこと、つまり「先行投資」を嫌がります。

「先行投資」の概念を持たない人は、絶対に、100%、勉強やビジネスでリターンを得ることなど出来ません。

そして、「リスク」を100%回避しようとする人もまた同様。

さらに、「ラクして結果を出したい、稼ぎたい」とか言う人、大きな勘違いしてますね。。。


「いま」ラクして稼いでいるように見える人たちって、「過去」激烈に努力して苦労して血と汗と涙を流して、その積み重ねが「いま」のラクという結果を作ってるだけなんです。

中には稼ぐことに関して天才的な人もいるのは事実ですが、99%の人は前者だと私は思います。

少なくとも、私の周りの成功者たちは皆そうです。

例えば私の弟は、今では恐らく東毛地域で1番お客さんが入っている美容室のオーナーですが、東京のSHIMAという美容室で修行している時は、円形脱毛症になりながら自分のお客さんを開拓し、最終的にトップスタイリスト兼ディレクターという地位を獲得した実績があります。

あの時の苦労した経験が、弟の成功を後押ししているのは間違いありません。

10月にヘアショーをやるそうなので、お時間あれば是非(^^)

よく、自己啓発本で「ラクして結果を出す方法」的なのが売られてますが、成功者が出版する「ラクして稼ぐ本」は売れるので、「過去」の苦労はあまり書かないんですよ(笑)

ですから、断片的な部分を見ただけで「俺もそうなれるかも」なんて勘違いすると、大きな失敗を招きますので気をつけましょう!(-_-)


とにかく、私が前途多難で前途有望な若者に言いたいのは、、、

もっと「泥臭い努力して」「苦しんで」「目を輝かせろ」ってことです。

気持ちひとつで、輝いた目の演出はできる、最初は演出でいいと思うんです。

やってみると、演技でも難しいもんです、目にチカラを入れるってのは。

でも、どんなにつまらない勉強でも仕事でも、とにかく目を輝かせてみる。

とにかく、毎日毎日、絶対に目からチカラを抜かない。

血を吐くほど神経つかって、メシが喉を通らないほど疲れてても、目だけは死んじゃダメです。

そんで、いつでも笑顔、お前バカかって言われても、絶対に笑顔を絶やさない。

そういう若者に手を差し伸べたくて仕方がない成功者が、世の中にはいっぱいいるんです。

だって、そういう若者って、結局のところ結果を出しちゃいますから。

優秀な人材に目がない成功者たちが、投資対象にしないワケがないんです。


若さは武器で、使わなければあっという間になくなっちゃいます。

その武器の名前は「失敗の盾」!

どんなに失敗しても、「すんません」で大抵は済まされる。

もちろん、先述した成功者が投資したがるメソッドを実践した人間のみに許される必殺ワザですが。

そして、大切なのは「そこから得られる経験をアーカイブすること」。

いつでも引き出しから取り出せる状態にしておいて、同じ失敗はしない。

そしてそして、究極に大切なのは「絶対に結果を出す」という強烈な意志を持ち続けること。

多くの人にとって一番苦手なことが「ルーティン」ですので、毎日の儀式として神棚や仏壇に向かって「俺は絶対に結果を出します!」という気持ちで祈るのを習慣化するのもオススメです。

とは言え、それら全ての基礎となるのが「結果を出したという事実」だと思います。

時にはうぬぼれも大切な要素であり、それを潰してはいけません。

勉強やスポーツで結果を出してきた人が強いのは、ココです。


結果を出すことを、習慣化したら、最強です!


あまりにもパワーのある目と久しぶりに触れ合った合宿の写真を見てしまったので、久しぶりに人生論かましました_φ( ̄ー ̄ )

それではまた

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

JinJuku

「成績の上げ方」「合格力の付け方」のアドバイスは当然しますが、成績や進学先で人生が決まるわけではないということも伝えています。大切なのは「眼の前の目標や目的から逃げない」こと。逃げずにとりあえずぶつかってみたからこそ見える景色がある。その景色に納得がいくような努力をしましょう!

仁塾NOTE

桐生・伊勢崎に教室がある学習塾『仁塾 JINJUKU』での出来事を紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。