深キョンに学ぶ、イメージの重要性

毎日、暑かったですね・・・

40℃を表示していた車内温度計が、だんだんと30℃前後になり、そうやって8月が終わりを告げて夏休みが終わると、ちょっぴり切ない気分になっちゃいますね。

夏の終わりとはいえ、先日から立て続けに発生した台風が去ると、また暑い日が続くようです。

くれぐれも、熱中症にならないよう、お気をつけ下さい〜!


さて、深キョン、そう、深田恭子さんです。

今までの深キョンといえば、私の中では『天然キャラ』のイメージでした。

それが、以前ニュースで上の写真を見てから印象が180°変わっちゃいましたね・・・

か、、、カッコいい(´ε` )

ロングボードを颯爽と乗りこなし、色白イメージの深キョンとは真逆の健康的な小麦色。

どういう経緯でサーフィンを始め、サーフ歴がどのくらいなのかはわからないが、とにかく『絵になる』姿です。

聞けば御歳34とのこと。。。う〜ん、、、見えない(p_-)


イメージというものは、基本的に他人から『勝手に』作られてしまうものだと私は思っています。

例えば私は、大きな声、大きな態度、そして、大きく鬼瓦のような顔をしているため(笑)、いかつくておっかないイメージで固められているんです。。。

こんな感じ。。。
正直、似ているのが悔しいっす(-_-)(笑)

そして、一度ついてしまった印象は、なかなか拭い去れません。

これは、なかなか、厄介な問題だったりしますね。

でも、彼女のように強烈なインパクトとともに、イメージをガラリと変えることもできるんだな、と思いました。

芸能人というのもありますが、その手法が、非常にうまい!!

きっかけは『写真集』です。

2冊同時に発売され、その両方ともに初週で約1万部を売り上げたと、ニュースで伝えられていました。

それだけ注目度の高い(注目させたい)イメチェンだったのでしょうね。

芸能人である彼女は、写真集をツールに、自分のイメージを変えました。

ニュースでの反響から言っても、間違いなくイメージアップです。

清純派から、ドロンジョ様役までこなす、女優としても超一流とのこと。

芸能人にあまり興味のない私も、一瞬で心をワシづかみさせられましたね。。。


さて、翻って自分のことを考えてみます。

先述したとおり、私のイメージは「鬼」です。

鬼と言っても、自分では「泣いた赤鬼」のような鬼だと思っていますし、生徒さんでもスタッフでも、私がただ単に恐くて厳しいだけでは誰もついてきてくれないでしょう。

そりゃ、生徒が間違った方向に進みそうになっていたら、ゲンコツしてでも止めますし、それが出来ないのは無責任な指導者だと思っています。

授業中におしゃべりしていたり、宿題を全くやってこなかったり、自習室で寝ていたり・・・

放置がいちばんラクですからね、できるなら私もそうしたいですよ。

でも、お父さんお母さんの姿を思い浮かべたら、それは絶対にできない!!

それこそ、大切なわが子のために頑張っている保護者さまを裏切ることになってしまいます。

だから、私はいつでも憎まれ役になります。


でも、悲しいことに、そのスタンスは今の時代にはマッチしないのかも知れませんね。


そうか、それなら、俺も、、、

イメチェンすっぞ〜!!!

どうせなら、、、深キョンと同じように、、、

こんな感じで(´ε` )w

※画像はググッてお借りしたものですm(_ _)m


深キョンのネタといい、なぜサーフィンにこだわるかと言いますと、実は年初に手帳に書いた40歳の目標のひとつに「サーフィンを始める」というのがありまして。

私は30歳の時から「手帳に書いたことは必ず実行」してきました。

もちろん、なかなか思うように時間が取れないので、上達するまでには時間がかかると思いますが、やはり何かに挑戦することが、私は好きです。

幸いなことに、私の周りには何人かのサーフ師匠がいます。

師匠の一人に、ボードのシェイパーさん(1枚の板からサーフボードを削って作る人)を紹介してもらい、そろそろ世界に一枚だけの「俺のボード」が出来上がります!

デザインは、

こんな感じになります(´ε` )

愛社精神の塊のようなデザインです(笑)

完成したら、時間をみつけてサーフセッションを積み重ね、来年の夏には深キョンの如く、、、(*´ω`*)


今までの私は、兎にも角にも「仕事人間」でした。

それはそれで、私の今を作るのに絶対に必要な時間だったと胸を張って言えますし、後悔も何もありません。

仕事で結果を出すことが、いかに難しく、いかに喜ばしいことかを学んだのは、間違いなく25歳〜39歳の約15年間でした。

しかし、40歳というひとつの節目を迎え、今までの人生を振り返った時、私にはあまりにも自由な時間がなかったと思います。

そこまで自分の時間を投資し、生徒のためを思って好きでもない鬼瓦イメージで教育に携わり、結果として時代にマッチしないってのは、、、

結果にこだわってきたからこそ、もうイヤですね。

これからは、ニコニコ笑顔で生徒さんと過ごしたいと思いますね(*^^*)

できるかな(笑)


でもまぁ、幸いなことに、私が携わっているビジネスの各事業部に「片腕」がいますので、私は選手から監督に転向し、片腕である幹部スタッフに数字を出すことの難しさをイヤというほど味わって頂き、しっかりと結果を出して次のステージ(事業部長=社長)に進んでもらいたいですね。

そして、「社長」という一般的には華やかなイメージを、イヤというほど覆してもらいたいと思います(笑)


それではまた〜(^O^)/


コラム:塾長文房具紹介③

文房具というか、PC周辺グッズですね。

サンワサプライ製「液晶用ウェットクリーナー」です。

かれこれ5年ほど使っているでしょうか、これ以外は使えなくなりました。

拭き跡が「ほとんど」残らないとありますが、本当です(笑)

他社製品含め色々と試しましたが、コレが1番!!

液晶面の拭き跡にお悩みの皆さん、是非ともお試しください(`・ω・´)ゞ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

HitoshiShimazaki

仁塾 塾長NOTE

桐生・伊勢崎に教室がある学習塾『仁塾 JINJUKU』での出来事を、塾長の視点で綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。