【ビギナー向け】フェミニズムについて考える本

朝日新聞社が運営するWebメディア「telling,」に寄稿した記事において、最後に触れた推薦図書をこちらで紹介する。

記事前編
記事後編

いろいろ考えたが、まずは漫画、しかもフェミニズムやジェンダー論が直接関係ないものから紹介していく。漫画以外の書籍も、去年から今年にかけてトレンドになったメジャーどころだ。

最初から専門書を読んでも入ってこないかもしれないし、しんどくなって折れてしまうかもしれない。まずは"普通におもしろい"本から段階を追って触れてみることをおすすめする。

まだ興味関心が芽生えきっていない人や、過去に専門書を手にとってみて躓いた人、専門書を読むほど興味関心の持久力があるかわからないという人に役立てばうれしい。


『BEASTERS』

動物が人間同様の文明を築いている世界の高校が舞台の"動物版ヒューマンドラマ"。週刊少年チャンピオンで連載中の人気漫画だ。
作中の草食獣と肉食獣の対比に「女と男」の関係性を照らし合わせて読むことができ、さまざまな気づきのきっかけを作ってくれる。
ただ、そうした読み方が作者の意図したものであるかは明言されていないため、あくまで"そう解釈することもできる"と認識されたい。ゆえに、「人種」や「世代」「階級」など、ほかの様々な対比にも照らし合わせることができる。


『さよならミニスカート』

少女漫画雑誌『りぼん』で連載されている作品。
元アイドルの少女を通して、女性がただ生活しているだけで直面する日常的な苦難を丁寧に描いている。男性が女性の人生をシミュレーションする上で役立つはずだ。


『お砂糖とスパイスと爆発的な何か—不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門』

『アナと雪の女王』『ワンダーウーマン』『ゲーム・オブ・スローンズ』などの作品をフェミニズムの観点から批評する本。
取り上げられている作品には近年発表されたものが多く、近年のポップカルチャーに触れている人ならとっつきやすい。


『82年生まれ、キム・ジヨン』

この本と『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』という本が昨年立て続けに刊行され、韓国のフェミニズムが盛り上がりを見せている。
BTSやRed VelvetをはじめとするK-POPアイドルがこの本に感銘を受けたと公言し、フェミニズムが長い歴史のうえでもおそらく初めて"流行りのイケてるもの"として若者に認知されることを後押しした。まだまだ人口に膾炙しつくしてはいないが、現代に一筋の希望を灯してくれた本の一冊。


『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』

ジェンダー研究者の女性が、同性パートナーとともに男の子を育てるうえで感じた「男らしさ」に対する疑問を元に書かれた本。
「男らしさ」ってなんなんだろう? ということが「男」の外側から俯瞰で検証されている。「男らしさ」について苦手意識や疑問を抱えている人に役立つはず。実例が次々提示されるし、言葉が平易なのでさくさく読める。


書籍の紹介は以上だが、書籍に限らず、記事本文で触れたNetflix『セックス・エデュケーション』もおもしろくてわかりやすいのでおすすめ。
『13の理由』はかなりヘヴィなので、体調と相談しながら視聴を進めることをおすすめする。

この先は、興味の湧いたところから随時手を伸ばしてみてほしい。Wikipediaの「フェミニズム」の項目で引用されているような、『女性の権利の擁護』『第二の性』といったエポックメイキングな本に順を追って触れていくのもいいし、ヴァージニア・ウルフのような文学作品もいい。「女性のキャリア」「性被害」などトピックごとに絞ってディグるのも、とりあえず有名な研究者の本を手にとってみるのもいい。

ただ、1人の研究者の本を一度集中的に読んだら、また別の人の著作にも触れておくことを強くおすすめする。1人の主張ばかり吸収していると、その人の主張が業界全体でいうとメインストリームなのかオルタナティブなのか、ハト派なのかタカ派なのか、どのあたりに位置するのかわからず、知らず知らず偏った思想で凝り固まってしまいかねないためだ。

有名な研究者だからといって業界の平均的な主張・スタンスの人とは限らない。あなたがMr.Childrenだと思っているその人が本当はAtari Teenage Riotかもしれない。重ね重ねの注意喚起になるが、どうか記憶に留めておいてほしい。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてくれた人の好きなものを買ってみるのに充てるので、メッセージで好きなものを教えてください

141

ヒラギノ游ゴ

平成生まれのライター
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。