編集者に却下された僕の「モテ論」を聞いて欲しい(後半)

「あなたのSDTは何ですか?」と聞くと高い確率で「優しい人」
という答えが返ってくる。その前に「SDTって何ですか?」と聞
き返されるのだけど、もちろん、S(好きな)D(男性の)T(タ
イプ)の略である。ちなみに逆はSJT。注:J(女性) 出典は、最近入籍したWたなべ氏。

モテ学における3Sを習得した男子が、実際に恋愛市場で戦って行
く際に必要なのが3Gである。すなわち、「ジェントル・ギャップ
・強引さ」の略である。

我が日本男子の決定的な弱点にまずジェントルマンシップがある。
かねてから私はこの紳士たる心構えを義務教育に加えるべきだと主
張しているのだがいまだに実現しない。コマとしては、小5~6あ
たり、女子だけが体育館に集められて生理の講座をしているあたり
がよいだろう。私の記憶ではその時間、男子は教室でプロレスをし
て誰かが怪我をするというおちになっているからだ。

ジェ
ントルマンシップを難しく考える必要はない。英国生活(1.5ヶ
月間)のくせが抜けない私が言うのもなんだが、基本的に、これは
極論すれば「ドア・イス・花」のことである。つまり、女性のため
にドアを開け、椅子を引き、花をきちんと持っていくことである。
当然ながら一般男子にとっては花などというしろものは、路傍の石
ころにすぎないが、女子にとって花は金塊ほどの価値を持つ(違う
?)。いずれにせよ恋愛市場において花束5000円の投資リター
ンは、かのウォーレンバフェットさえもをはるかにしのぐことだけ
は断言できよう。

ちなみに、一人っ子政策の結果、恋愛過当競争となっている上海で
は、たとえ友人であっても女性と会うときには花を持参するそうで
ある。

次のG、ギャップというのは、意外性そのもののことであるが、そ
もそも恋の本質は謎解きであり、それはすなわち相手の内に秘めら
れた差(ギャップ)を紐解く過程にほかならない。そういう意味で
、2つ目のGがギャップというのは当たり前ともいえる。恋という
甘い果実を産み落とす典型的なギャップには、脱いだら意外と筋肉
質、いつも気弱そうな彼が店員の粗相に対し毅然とした態度をとる
、普段は役立ちそうもない男子が災害時に機敏かつ的確な判断をす
る、こわもての彼氏がメガネをはずすとつぶらな瞳が可愛い、いつ
もシャツとジーンズで出社してくる同僚が大事なプレゼンの日にス
マートなスーツで決めてきた、愛想のない部長だが休日出勤の時、
子供を連れてきて優しいパパの姿を見せた、など本当にきりがない
。さあ、今日からあなたもギャップを作り出そう!色白なあなたは
アフリカへ行け。色黒の君は囲碁かフルートを始めるといい。

最後のG、強引さは、もっとも難しい概念である。女性とは、一言
でいうならば、「王子様に連れ去られたいお姫様」であり、お姫様
であるがゆえに男子は紳士でなければならず、かつ、女性は「連れ
去られる」という受動的行動を必要とする存在なのだ。女子の求め
る強引さについて参考になるのは、月9でのキムタク(なぜかキム
タクはどんなドラマでも同じキャラである)、映画「偏見とプライ
ド」でのヒューグラントである(そういえば彼もいつも同じだ!)

さて、基本の3S、応用の3Gと述べてきたが、物事にはまだまだ
上があるのは言うまでもない。剣を極めた武蔵が活人剣に到達した
がごとく、モテ論を極めてゆけばいずれあなた(男子ね)にとって
SJTは、SDTへと逆転するかもしれない。それもまた人生の醍醐味といえよう。(続く?)

追記 この文章はすべてフィクションであり、私とわたなB氏を含むすべ
て実在の人物とは関係ありません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。 スキ、シェア歓迎です!励みになります。

よろしければ、シェアもお願いします!

山口揚平 Yohei Yamaguchi

事業家・思想家。 1990年代より、ダイエー・カネボウなどの大型M&A(企業買収)に関わる。30歳で独立し、宇宙開発から劇団経営まで複数の会社を運営するかたわら、執筆、講演活動を行っている。専門は貨幣論、情報化社会論。 早稲田大学政治経済学部(小野梓奨学生)・東京大学大学院修
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。