Xデザイン学校大阪分校2019

85
ノート

Xデザイン学校第7回:ペーパープロトタイピング

こんなことを言ったらダメっぷりがさらに露呈するけど、台風のおかげで2ヶ月空いたし、その間には台湾での講義もあって、前回の内容を全然覚えていなかった。
そして前日六本木での公開講座で聴いたエスノグラフィーの解説やどこまで介入するべきかみたいなお話がまだぐるぐるまわっていて、頭がいっぱい。
また来た。たまにやって来る、インプット過多。出せる分だけとりあえず書き出して、あとは闇雲に勉強会の類に出かけずた

もっとみる
うれしい・・・!励みになります・・・!
7

雑味の妙とシンプルの力強さ。Xデザイン学校大阪分校第6回:ストーリーテリング

今回のストーリーテリング、浅野先生からは「ここが山場。みなさん、ここで苦しむよ」って何度も念押しされてました(笑)ただ、個人的には(巧いか下手かは、まったくの別問題としてw)ストーリーテリングって嫌いじゃないです。むしろ、どっちかというと好きかも。巧いか下手かは別ですよ(笑)

たぶん、長編小説よりも芥川龍之介とか、あるいは川端康成の『掌の小説』とかが好きだったってことも関係してるのかもしれません

もっとみる

連続講義が繋がる瞬間

成果物の出来

サービス内容をステークホルダーが理解できるようにコンセプトを作る。キャッチフレーズでは伝わらないから文章で伝えるのだが、会社のアセットが把握できているのか、ユーザーの欲求が深められているのか、それらを繋ぐ新たなサービスが考えられているのか、これまでの総合力が問われている。仲間と今までの成果物とフワッとしたイメージを行き来して言葉を繋いでいくがうまくはまらない。今までの取り組みが要件

もっとみる

Xデザイン学校第6回:ストーリーテリング

まだ咀嚼しきれてはいないけれど、少なくとも、これまでなんとなく自分が思っていた「ペルソナ」とか「シナリオ」と呼ばれるものと、「ペルソナ/シナリオ法」は似て非なるものだということと、3つのシナリオのうち、アクティビティシナリオが要なんだと認識した日だった。

いつもはサラダランチを食べてから講義に参加して、夜までもっていたのに、今日はバリューシナリオあたりでなんだか視界が狭くなってきて、あ、むりむり

もっとみる
うれしい・・・!励みになります・・・!
3

Xデザイン学校Vol.4 2019-07-14

4回目の学びです。今回はインタビューを中心とした講義でしたが、昨年はこのタイミングで京都でのフィールドワークしてましたね。昨年のメモ帳を見ていると、「目をモノに向けない」とか「事象を物語に起こす」といったワードに大きな丸をしていました。今年もそこを意識して望もうと挑んだ4回目の振り返りです。

今回は主に「適温」にフォーカスし、象印さんに向けてのプロジェクト提案の糸口を探ろうといった回でした。今回

もっとみる

Xデザイン学校大阪分校2019べーシックコース #04 ユーザー情報の可視化

Xデザイン学校第4回のレポートです。

ブランド定義

今回の授業ではユーザーインタビューに取り組みました。まず課題企業の新しいサービスを考えるために、企業ブランドの方向性が示されました。

課題企業の商品特徴や、消費者の持つイメージに合った企業ブランドが定義され、その方向性に沿って、チームで各自関連のある体験を話し合いました。その中から1人に絞って、さらにデプスインタビューをしていきます。

もっとみる

Xデザイン学校 2019ベーシックコース4回目

#04** ユーザ情報の視覚化**

【今日の学び】
インタビューで(フィールドノーツ)は ストーリーテリングで書く事が重要。 ”常にゴールを見つけて”そこに向かう物語を見つける。

・インタビュー調査法
師匠になるにはどうするか、なぜなぜを繰り返し、「そのきっかけは?」,
などを使ってインタビュイーに内省させ深層を引き出す。(質問がすごく大事で ⇒問診が8割)

【ワークショップ】
象印のブラン

もっとみる

インタビューイは嘘をついたかもしれない

4月から始まったXデザイン学校も4回目。この日の授業は「ユーザー情報の視覚化」ということで、ユーザーインタビューから、ペルソナの元になる行動シナリオの書き起こしまでを行う内容でした。

インタビュー手法・やり方

質的調査のためのインタビューと一緒にしてはいけないですが、記事作成のために取材インタビューすることはあるので、だいたい1時間くらい会話をすると、最後の方でやっと表面的ではない良いコメント

もっとみる
うれしいです!
7

19.7.13Xデザイン大阪分校#ユーザー情報の視覚化

今回は、ユーザーの情報を視覚化させるということで、グループインタビュー、デプスインタビューを中心に行なっていきました。

私たちのCチームは日常にある適温についてどんどん出していきました。
また、これが温かったら嫌だよね、これが冷たかったら嫌だよねと課題があるものも含めて出していきました。
課題があるものを出しても、反対に適温であってよかったなと思えたものも出そうとしても、注意してないためか適温で

もっとみる

X DESIGN BASIC #04 ユーザー情報の可視化

7月13日(土)、Xデザイン学校ベーシックコースの4回目。

講義の”感想”

エスノグラフィのアウトプットの手法、ペルソナ作成のプロセスインタビューの手法と使い分け、師匠と弟子モデル・・・とこれらを知識としてはいくつかは聞いたことがあったり(で、今回間違った知識だったと思い知ったり)と純粋にとても勉強になりました。

講義内容の実践

では先程得た知識を使ってワークショップで実践してみよう。とな

もっとみる