見出し画像

【329日前】攻めと守り

今週はポイント練習が2回。今日と金曜日。
昨日のスプリントトレーニングでハムストリングに張り感が出てしまったので、今日は入念にW-upをして、踏切練習へ。

W-upでは昨日のようなハムの違和感はなく、そこそこ動けていましたが、いざ跳ぶとなるとケガをしないようにとどこか保守的な踏切をしてしまった。

攻めと守りのバランスは難しい。ケガをしないことは最優先。しかし、トレーニングでは「どこまで攻めれるか」。これがパフォーマンスを上げる鍵となる。

世界選手権まで残り少ないポイント練習を一回一回ハイクオリティで消化するためにしっかりリカバリーをして金曜日に備える。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2020/9/1東京パラリンピック T47走幅跳決勝 まで毎日note更新します。私の全力チャレンジを見える化しています。ぜひパラリンピック応援してください!

ありがとうございます!パラリンピック応援してください!
3

芦田 創(はじむ)/Para Long Jumper

陸上選手(T47走幅跳):5歳で右腕にデスモイド腫瘍発症→約10年間の治療過程で機能障害→15歳で陸上競技→2016リオ銅🥉(4×100mR)→次は2020東京で金🥇/ note(毎日更新中)/ 食|旅|湯|服|妻/ 東京🇯🇵⇆🇦🇺シドニー

2020東京パラまでの1年間

T47男子走幅跳決勝までの1年間(2019/9/1-2020/9/1)を見える化
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。