見出し画像

【300日前】世界選手権展望①

東京パラリンピックの試合日まで残り300日となりました!ワクワク!

と、その前に明日から世界選手権始まります!
パラリンピックの前哨戦にして、パラリンピック出場に大きく関わる大会となっています。

東京パラの選手選考は以下の通りです
①2019世界選手権4位以内
②WPAランキング(2019/4/1~2020/4/1)
6位以内で世界選手権4位以内を除く上位2名
③ハイパフォーマンス割当枠該当選手
(現時点で未定)

つまり、世界選手権で4位以内で内定をもらうことが最短ルートとなるので、今回の世界選手権はこの3年間で最も重要大会となります。

現地時間11/11の10時頃(日本時間15時頃)からT47走幅跳決勝が競技開始です。

とにかく4位以内を狙って勝負していきます。

上の写真は世界選手権ランキングとなります。私のランキングは6位ですが、5位の選手がエントリーしていないため、私がランキング5番手となります。十分狙える位置にいます。

4位以内は7mラインが1つ勝負の鍵となりそうです。がんばります!


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2020/9/1東京パラリンピック T47走幅跳決勝 まで毎日note更新します。私の全力チャレンジを見える化しています。ぜひパラリンピック応援してください!

ありがとうございます!パラリンピック応援してください!
7

芦田 創(はじむ)/陸上選手

陸上選手(T47走幅跳):2020東京パラで金を目指す過程をnoteで見える化。5歳で右腕に謎の病「デスモイド腫瘍」発症→約10年の治療過程で機能障害に→15歳で陸上を始めて元気になりました | 2016リオパラ銅メダリスト(4×100mR) | 東京とシドニーの2拠点生活

2020東京パラまでの1年間

2020東京パラリンピックで金メダルを目指すアスリートの大会当日までの1年間(2019/9/1-2020/9/1)を見える化
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。