見出し画像

【どんなに爆発したくてもキッカケが無ければ】

「誰かと喧嘩したい」。長年の友人にそう言われたことがあります。

大学時代、バイト終わりに寄った夜中のすき家で、牛丼に箸をつけながらその言葉を聴きました。

私は「誰とも喧嘩したくない」と思いながら常々生きているので、その言葉は衝撃的でした。

「なんで?」と尋ねると、「だって爆発したくない?」というなんとも不思議な回答が返ってきました。全然平穏がいいし、全然爆発したくないです。

女の「爆発」はだいたい暴言×涙あたりだと思うんですけど、その解は一体何なんだろう。

たぶん暴言は二乗くらいした方がいい。外は雨の方がいいし、気温は低い方がいいし、夜ならなお良い。空腹がベター、徹夜はマスト。

ここまで事前準備した上で、いざ「爆発」なるものをしてみようとしても、一番肝心な「理不尽な出来事」が起こらない。

導火線に火をつけるきっかけとなる「理不尽な出来事」を待ってみる。けれど、同僚からのラインは心温まるものばかり。SNSは友人の子供の微笑ましい写真が並ぶ。テレビの中のスキャンダルは異世界の話。

往々にして世界は優しい。「爆発」するに至らない。心が折れちゃいますね。

私だって誰かに裏切られたり、悪口を言われた経験も多くありますが、そういうのって思い出そうとしても熱を持たないんです。

時間が解決するという言葉は好きじゃないけど、怒りは持続しなくて悲しみとか諦めとかに姿を変えていくんだと思います。

誰かと喧嘩がしたかった友人も、譲れない大切な想いがしぼんでいく前に、瞬間的に何かを生み出したかったのかもしれません。

ただね、喧嘩は良くないね。喧嘩するなら、1時間後に仲直りしようね、って指切りしてから始めたほうがいいや。

「傷つけさせてよ治してみせるよ」って宇多田ヒカルも言ってたよ。そんな関係の人の前でだけ、爆発、してみるか。

2019.04.25    ちゃこ

今日の1曲/ミドリ「獄衣deサンバ」


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはインタビュー記事の交通費に使います。

おすすめの一曲は東京事変「電波通信」
49

ちゃこ

銀行員がnote描いてたらライターになりました。毎日更新の微炭酸エッセイ。心の健康を最優先。好きな話題は恋愛/育児/邦ロック。小説も書きます。一般人に聞くインタビュー連載【そのへんの一般人】始めました。あなたの朝の日課になりたい。あなたの夜を食べちゃいたい。

エッセイの花束

毎日更新エッセイ。こころの中に招きます。

コメント7件

ほみさん
なんと!笑 爆発しましょうか。金曜の夜ですもんね。笑
ちゃこちゃん宇多田ヒカルの歌詞好きなの?
megさん
好きだよ!めっちゃ!好きな歌詞は頭に残る
わたしも好きだよ、王道だけど、ファーストラブは何回聞いても天才的と思う、
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。