どうしてフィルム?

前々回で引っ張ってからずいぶん時間が経ってしまった。引っ張りすぎた答えがここに(にやり)。

フィルム、ずっとやってみたかったんです。
なぜかというと、デジタルで素晴らしい写真を撮られてる方々がフィルムも撮られてるから。フィルムってランニングコストかかるでしょ?なのになぜ?デジタルでも撮れるよね?でもどうしてフィルムも?
という疑問の答えを自分で探したかったから。

『フィルムに恋してる』っていうタグがあるんですけど、まさにみなさん恋されてるように思ったし思ってる。恋、したいやーん。

ということで、結構前からフィルムカメラを探し始めてました。フィルムされてるいろんな方に聞いた。聞いたのはフィルムで子供の写真を撮られてる方ばかり。やはり、そこなんですね撮りたいのは。

ずーっとずーっとあれこれ探し、amazonで始めて検索したフィルムカメラはcontax T2。完全にミーハー心。RECOで記事を読んじゃってから欲しくて欲しくてたまらなくなった。コンパクトフィルムカメラがまた注目された時期に重なり、市場は高騰。私、そういう時に買うのはチョット…というタイプなのでいったん見送り(とはいえメルカリで探し続ける日々)。

普段、Canon6Dとミラーレスだったりを持ち歩いてるのでどうしてもコンパクトさにこだわりたかった(ほらまだ子供のオムツとかお茶も荷物なるし)。そこで始めたのが写ルンです。懐かしい、実に懐かしい。高校生の時よく校内で使ってた(歳がバレる)。写ルンです、実に楽しい。ピント合わせる瞬間がないから、よく動く子でも名前を呼んでこっち見たその時に撮れる!普段AFで撮ってるので、動きが早すぎる次女は後ろ姿が多い。写ルンですはその瞬間に撮れるから実にいい。あと何よりコンパクト!よし、私のフィルムは写ルンですでいこうと思ってる時に出会ったのが濱田英明さんのツイートでした。

『35mmフィルムカメラでも中盤並みの解像度が得られると気付いた』

そのツイートにはcanon1v+sigma50mmartと。
な!な!なーーー!!!これを見た瞬間から10分後には購入してました(夫には事後報告)。早かった、やはり憧れの方の一言って大きいね。そもそもsigma50mmartを買ったのも濱田さんの影響大きいし。

そして最初の現像は、フィルムを始める時から決めていた山本写真機店さんヤマカメさん)へ。こちらもまた濱田さんの影響です、はい。

ということで、私の全てはミーハー心からできている、ということでした(いや、違う、いや合ってるけど)。

それにしても、フィルムをされてる方はお優しいね。フィルムの光の描写のよう。いろんなことを惜しみなく教えてくれるし、オススメしてくれるし、調べてくれる。フィルムも何本かいただきました。ありがとうございます。大切に使っております。


フィルム、始めてみて撮ってるのは日常ばかり。あのガシャン!という音で焼き付けたいのは日常ばかり。デジタルでは作品ぽいのももちろん日常も撮ってるけど、フィルムは今のところ日常ばかり(作品ぽいデジタルは編集もしてるし、何枚も何枚も撮ってるものもあるしね)。

撮る時のガシャン音、フィルムの巻き上がる音、子供に『みーせーてー!』と言われて『あとからのお楽しみー』というやりとり、フィルムをレターパックに入れて送ること、そして毎日ポストをワクワクしながら覗くこと(無駄に隙間から覗いてみたり)、そして現像してもらったデータを見ること、プリントしたい写真を選ぶこと、子供に『あの時の写真だよー』って言っても『覚えてないー!』って言われること…

全てがワクワク。これは恋してるねフィルムに。もう恋だね。

@aimue_film よければみてね。

#instagram #写真 #フィルム #film #子育て



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

76

aimue

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。