「美しい自然と、楽しい仲間に感謝! 自分らしく働ける環境です」

社会福祉法人 敬信福祉会 あいの里竜間のスタッフインタビュー第2回として、今回は特別養護老人ホーム あいの里竜間の介護リーダー・岡野 和之さんにお話をうかがいました。

特別養護老人ホーム あいの里竜間

介護リーダー 岡野 和之さん

年齢:49歳(平成29年4月現在)

勤続年数:9年目(平成29年4月現在)

所有資格:介護福祉士

趣味:アウトドア

休日の過ごし方:旅行、ドライブ、釣り


インタビュー

“自分自身も人生を楽しみながら、利用者様の人生がよりよく、少しでも満ち足りたものになるように。”

前職はカメラ販売店で約20年間勤めました。勤務時間も長く休日もわずか。仕事が終わって帰って寝るとまた仕事、オフを楽しむ余裕もない毎日でした。

そんな矢先に出会った「あいの里竜間」は、訪れてみると【眺望】が素晴らしくて、天気の良い日には淡路島まで見渡せるほど。空気も非常に澄んでいる。どんどん心が和むのを感じました。介護経験はなかったものの、ここでなら気持ちよく働けると思い、転職に踏み切りました。

大阪市内の自宅からは約40分のバイク通勤ですが、道中の眺めも楽しんでいます。夜はまた昼とは打って変わり絶景。利用者様や訪問されるご家族様にも好評です。

働き始めて8年近くが経った今、利用者様が自分の名前を覚えて声をかけてくださったり、身のまわりのお手伝いに感謝していただけたり。仕事にやりがいを見出し、利用者様との交流にも楽しみを感じる毎日です。ショートステイ(短期入所生活介護)の利用者様から「ありがとう、また来るね」と言っていただけると嬉しく思います。

前職とは違い、今は休日には趣味の旅行やドライブ、釣りなどを楽しむ余裕も生まれました。職員同士の仲がよく、飲み会やBBQ、休日が合えばUSJに出かけることもあります。【居心地のよさ】も当施設の魅力です。

自分自身も人生を楽しみながら、利用者様の人生がよりよく、少しでも満ち足りたものになるように末永くお手伝いしていきたいと思います。


求職者へのメッセージ

“資格や経験よりも、介護に大切なのは「相手を想う」気持ちです。”

新聞やテレビでは介護の暗い面ばかり取り沙汰されていますが、働いてみると気づく素晴らしいこともたくさんあります。

笑顔、思いやり、仲間……「あいの里竜間」の魅力も、実際に働いてみればきっと実感いただけます。食堂や風呂場からの眺めにも感動しますよ。

資格や経験は二の次。利用者様や仲間に対して優しい心で接することのできる人、大歓迎です!


インフォメーション

社会福祉法人 敬信福祉会 あいの里竜間

〒574-0012 大阪府大東市大字龍間673-3

電 話:072-869-0788(受付 9:00~18:00)

メール:info@ainosato-tatsuma.or.jp

WEB:http://ainosato-tatsuma.or.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/ainosatotatsuma/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。