結いの報せ

「結婚しようと思うの。」
両親に伝えると、心から喜んでくれた。

仙台から東京へ上京して
あっという間に10年が経つ。

やりがいのある仕事に就いた。
帰りたいと思える家で暮らした。
ずっと一緒にいたいと想う人に出会った。

どんな時も私の見方でいてくれた
優しくて、真面目で、友達想いな人。
一生をかけて恩を返したいと思う。

仙台の街中にあるgrammeへ。
山路さんが営業される大好きなカフェ。
小学生の頃から通い慣れた道を眺めながら
美味しいチーズケーキとホットコーヒーを。

『二人が幸せになれるなら、
反対なんてしないよ。結婚は良いものだよ。』

両親の言葉を思い出す。
この二人の子供で良かった、本当に。

これからも続く東京暮らし。
いつだって今を楽しみながら
笑顔にあふれた日々を築きたい。
にこやかに、おだやかに。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうです!
223

mi

徒然

日々の中で思ったこと。
1つのマガジンに含まれています

コメント37件

surusurukeiさん > それは!人生もっと楽しくなるやつですね!日々に感謝して大切に過ごそうと思います ☺️🌿
うわあ、メディアテークに毎日通うなんてうらやましすぎます(笑)!
こういった街だけでなく、仙台は気候もいいなあと思います。
読んでいてしあわせな気持ちになりました🍀ほんとうに、おめでとうございます😌🌟
りんさん>恐れ多いお言葉です、こちらこそ言っていただけて嬉しい…!実感がまだ湧かないのですが焦らず今を楽しもうと思います☺️りんさんの小説大好きなので今年も楽しみにしております〜!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。