見出し画像

ドラゴン桜2に出てくる「受験マトリックス」を活用してみた@旅行地理検定(前編)

ご無沙汰してます。東大教育学部3年の寺道です。『ドラゴン桜2』の制作に携わる東大生集団「東龍門」の一員です。

東大受験の勉強法を考えたりしているのですが、今回は実際に我々が考えた勉強法を実践してみます!
まずはきっかけから少し話させてください。(スルー歓迎)

旅行地理検定(チリケン)とは

日曜日に、旅行地理検定を受けました。

旅行地理検定とは、旅先の地理や観光情報の知識を評価する全国統一試験です。試験の内容は国内地理および海外地理の2種類です。それぞれ4級から1級に分かれていて、旅行地理に関する知識・教養のレベルを知ることができます。

その名の通り、観光地に関する知識を試すことができます。よく知られている「世界遺産検定」は世界遺産に関する問題のみの出題ですが、旅行地理検定ではより広く、観光地全般に関する幅広い知識が問われます。

「地理」という言葉が含まれていますが、受験科目の地理とは意味合いが異なる部分があります。高校地理でいうところの系統地理分野は出題されず、地誌に限定、それも政治・経済・社会面より、地理(地名)・歴史・文化面に重点が置かれます。

なので、お勉強は嫌いでも、旅が好きだ! 旅行が好きだ! という方にはオススメの検定です。
今回僕は、国内・海外ともに2級を受験しました。2級のレベルはこんな感じです。

会場はお茶の水女子大学

運命の受験結果

試験後すぐに解答表が配布され、問題冊子も持ち帰られるため即採点。
ずばり結果は、、、

国内・海外ともに不合格!!!

いやー、やっぱ過去問も見ずに受けるのは無謀だったかーと、悔しさ半分、しゃあない感半分。
あとはこのまま不合格通知が届くのを待つだけ、、、

ってちょっと待て!!!

桜木に呼び止められました。
不合格という結果だけ知ったところで意味はない。原因を分析しよう。そう思いました。
そこで受験マトリックスの出番です。

「得意」「苦手」という主観と、「できた」「できなかった」という客観を掛け合わせた東龍門オリジナルの学習シートです。
これを実際に使ってみようと思います!

受験マトリックスを使った分析

初めに結果の詳細をお伝えすると、
国内:77点/120点 海外:73点/120点
(ここで読者一同リアクションに困る)

東大英語なら合格点だと思いますが、これは旅行地理検定。回ごとの難易度で変動しますが、合格点は7割程度(80~84点)だそうです。
不合格といえど、それなりに戦えてはいたようです。(一夜漬けの成果?)

さて、早速受験マトリックスを使って結果を分析しましょう。
今回は国内編を扱います。「得意」「不得意」は僕の主観、「できた」「できなかった」のボーダーは合格点と同じ70%に設定します。

大ジャンル(マクロ)の結果がこちら

過疎

付箋に大問ごとのジャンルを書き、それぞれの象限に張り付けました。
この段階だと、まだジャンルが広くて把握しづらいですね。

小ジャンル(ミクロ)に細分化する

チリケンは多彩なジャンルが出題される

ジャンル区分の大きさ(マクロ/ミクロ)をわかりやすくするため、付箋の色を紫に変えました。できなかったゾーンは、得点の割合に応じて2列に分けました(左が5割以上、右が5割未満)。先の画像と比べると、かなり明瞭になったと思いませんか?

「得意×できた」の象限にも付箋を貼れた!
温泉はできなかったかと思いきや、地図の問題は解けている!
「恋人の聖地」は壊滅的だ!

などなど、シートを見てるだけで発見がありますね。
次に、よりビジュアル的にわかりやすくするため、付箋を移動させたり纏めたりして、気づいたことを反映させます。

発見を反映、編集する

新キャラ登場

付箋が少し移動し、何やら水色の付箋が登場しました。「自然保護区」「一つの地域の深い知識」など、いくつかの小ジャンルに共通している要素を書き込んでいます。ここではうまく言語化できなくても構いません。自分だけがわかるように、オリジナルの区分を設けちゃいましょう。中ジャンルと呼ぶことにします。

こうすることで、苦手ジャンルの何が苦手なのか、一層はっきりしました。法律で定められている系の自然景観が嫌いだーとか、特定の地域を深掘りされるとキツい場合がある、とか。

ここで満足せずに、もっと分析できないかと検討します。

別の観点から新しいシートを作る

地理であれば、やはり地域ごとに分類するのが王道だ! ということに気が付きました。出来上がったのがこちら。

関西出身、関東在住の意地

ざっくり地方ごとに分けました。(異論いろいろでしょうが……笑)

ここから各地方をブロックに分けてもいいでしょう。
中部地方なら「中部山岳北部」「中部山岳南部・飛騨」「北陸・能登」「東海・名古屋」という風に。あとは都道府県で区切ったり。

すべての付箋を左上に

以上、受験マトリックスの作成を通じて今回の受験結果を分析し、現状の実力が可視化できました
漠然と持っていた得意・不得意の感覚と、実際の結果との間には、ズレがあったこともお判りでしょう。
めでたしめでたし。じゃないですね、大事なのはこっから。

続いて、この結果を踏まえてどう勉強していくか、作戦を立てたいと思います!
もう次を受けることは確定したのだ! 何より楽しかったから!

大事なのは、受験マトリックスは一回きりのものではないということです。これから全ての付箋を左上のゾーンに移動させることが目標になります。

長くなったので記事を分けます。次も読んでくださいね。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてくださるとぼくがしあわせになります。

嬉しいです!ありがとうございます!
11

ゆうひん

最近の若い子は

ドラゴン桜2感想まとめ

『ドラゴン桜2』の感想を公式がピックアップし、ご紹介しているマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。