オレが妖精カード? 笑わせるなよ『ポニイテイル』 ★35★

前のページを読む / 1番最初から読む

「だからあれはウチの力じゃないって」

「花園の内側にあった力が引き出されたんだ。オマエのホンキが角で発揮されたんだ。だからやっぱりオマエの力だって」

「ホンキホンキって。マカムラ、ホンキブームなんだ」

「そう。ホンキで生きたい気分なんだ」

「だからこの前も残って……夏休みの宿題も終わらせてたんだね。なるほど」

「ドラマとロマンと、それに今回はラブもひとつまみのトリプルだからな。ていうか花園はホンキじゃないのか? 物語も同じだろ。ちゃんと計画立てないと、力入れても出るのはオナラくらいだぜ」

「オナラ? もう、男子ならヘって言ってよ」

あどは角を取り出し、マカムラの背中をつついた。

「だから今書いちゃおうって言ってるじゃん。そうすれば面倒な計画もヘもないよ。ねぇねぇ、続き書こうよ」

「だからキミには見えないわけ? オレが作業してるのが」

ブラさんの机を借りて何かを作っている。ガク、ガク、ガガとミシンが音を立てる。

「何、マカムラッチ、ミシン、使えるの?」

「当たり前だ。こんなの使えなくてどうする。何世紀前の機械だよ」

「ミシンやるのは女の人でしょ」

「どこの国に住んでるんだ? ハゲ山でミシンでも掘り出して来い」

「何を作ってるの?」

「ブレスレット。腕輪ってやつ。誕生日プレゼント」

「誰の?」

「オレと、オマエと、鈴原の。誕生日はもう過ぎたけど」

「あい?」

「消しゴムじゃダメなんだろ。もっと良いのをって言ったのオマエだぜ。誕生石をここに入れて、ここにステッチを入れて」

「すげー! 腕輪とかつくちゃうの! フツー買わない?」

「いちいち自分の発言に責任を持たないヤツだな。手作りの方がラブラブだって言ったのも自分じゃんか! オマエがそんなこと言うから、作り方から調べなくちゃいけなくてこっちは一苦労だよ」

「もらっちゃっていいのこれ? ありがとう」

「オイ、まだ出来てねーよ」

あどは作りかけのブレスレットを一つ手に取った。茶色の革にきれいな模様がステッチで入っていて、紅い石が3つちりばめられている。

「あれ、ここに文字が入ってる。これ、もともと?」

「もともとってなんだよ。焼きゴテで書くに決まってるだろ」

「コレ、英語じゃん。何て書いてあるの?」

「ミルキー・ウェイ。天の川っていう意味。ほら、川って言う字、三本の紐みたいだろ。それにオレら7月7日生まれだし。3つ誕生石ならべて。オレらにぴったりかなって思って」

「すごい! すごいアイデア!」

「まあ、レエさんが12って数に合わせた発想のパクリだけどね」


あどはため息をついて窓の外を見る。

尾行したとき、ウチらはあそこに隠れていたんだ。

はあ……レミ先生は行ってしまう。どこか知らないけど、もう図書室みたいにすぐに会えるような気がしない。レミ先生ならたぶん宇宙くらい遠くにいても、キラキラの愛を配信してくれる。それはわかってるけど、いつでも会えないのは悲しい。

ふうちゃんは別の中学行っちゃう。ていうかケンカしたままだし。仲直りしてもウチらどうにもならなくて、また泣き続けるだけなのかな。

「なんかマカムラって、どんどんすごい人になっちゃいそう」

「すごい人?」

「これでブラさんと冒険してきたら、もうウチらになんて興味ないくらい大人になっちゃってて……。オレもうガキじゃねぇんだけど、オマエらと遊ぶ時間なんてないよ的な」

「物わかりが悪いヤツだな。これは、一生仲間だってことを忘れないためのブレスレットだぜ」

マカムラは、作りかけのブレスレットをかざした。ルビーの緋色がこの世のものとは思えないキラキラを放つ。

「人間なんて、すごいっていってもたいしたことない。どんなすごくて、どんな強くて、どんなやさしい人でも、ヤバいのが来れば一発で持ってかれちまう。アネキも、父さんも、母さんも、オルフェも。友だちも——」

「オルフェ?」

「オルフェっていうのは、ウチの犬な。アネキが一番気に入ってた妖精の名前をとった。アネキ、毎日とっかえひっかえ色んなカードを選んでたよ。今日はテストがあるから頭を良くしてくれる妖精、今日はコクるから愛をつかさどる妖精。今日は体育で走るからこの妖精。よくわかんないけど、妖精カード袋とかいうお守り袋をミシンでたくさん作って、妖精を選んだり、コンビにして重ねたりして。オレの言うことなんて信じないくせに、オマエみたいに神とか妖精とかのことはメチャクチャ信じてて」

真神村流輝はミシンを激しく動かす。

「でも、何にも信じてないオレが生き残るとか意味わかんねぇ。バカだよな。オレに一番大好きな妖精カードを貸したりするから」

「オルフェのカードを?」

「そう。オルフェの妖精カード。守られたのかな、オレが」

「そのカード、持ってる? よければ見せて」

「そんなの持つかよ。オレが妖精カード? 笑わせるなよ。そんなの無くても負けねぇよ、オレは」

マカムラはちょっと集中したいから、たのむ、部屋から出て行ってと、顔を向けずにあどに頼んだ。

「カードはあげちゃったよ」

「あげちゃったの?」

「ああ。ボッチのオレを守ってくれるって言ってくれた——」

マカムラは少し上ずった声で言った。

「ブラさんの、1番大切なレミ先生にあげたよ」

★36★へつづく


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読後📗あなたにプチミラクルが起きますように🙏 気に入ったnoteには投げ銭お願いします😋 定額マガジンの読者も募集中です🚩

いつも感謝してます。
26

『ポニイテイル』★31~40★

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。