見出し画像

7/27

5:03起床。

天気は晴れ。
空は、昨日までのことをすっかり忘れているみたいで。

愛にできることはまだあるかい。
僕にできることもまだあるかい。

おはよう。
おはようございます。
そのことばをいえるのは、自分以外のだれかがいるときだけ。

職業訓練が修了して2週間。
1人で過ごす時間が多くなった。

通院はしている。
ハローワークにも通っている。
でも、それらはせいぜい週に1回くらいで、
その上、滞在時間は1時間にも満たない。

僕は、1人。
僕は、独り。
独りぼっちの僕は、自分が生きていることに疑念を抱く。

僕は、生きているんだろうか。
それとも、すでに死んでいるんだろうか。

だれかに存在を認められたときに「生」が生まれる。
だれかに存在を忘れられたときに「死」が生まれる。

こつこつと応募書類の準備をしているときに、
ああ、僕は生きようとしているのかって思う。

どうして、働きたいのか。
それは、もちろん生計を立てるためだし、
それに、社会に自分の存在を認めてもらうためだと思う。

僕は、役に立ちますよ。
僕は、ここにいますよ……。

もし、そうじゃなかったら、
自分がどうして生きているのか、わからなくなるよ。

わからなくなると、僕は死を想う。

生きているのに死んでいるなら、
死んでいるから死んでいる方が、よっぽど楽だ。

そろそろ、1年になる。
僕が、壊れてしまったときから。

あのときの僕は、まさしく恋煩いだった。
どこにいても何をしていても、死のことを想っていた。

壊れたままでいると、苦しい。
壊れた自分を見られるのは、もっと苦しい。
壊れていることを認められないのは、さらに――。

早く、楽になりたい。
早く、早く……。

ある日、
僕は、死を想うことを止めた。
別のことを、想うようになったからだ。

パートナーだ。

僕が辛うじて生きているのは、パートナーがいるからだ。

パートナーは、僕がいなくなることを恐れている。
僕も、パートナーがいなくなることを恐れている。
あのころは、そんな人が現れるなんて、思いもしなかった。

僕は一生、独りで生きるんだと思っていた。

だれも僕のことを愛してくれないし、
僕もきっと、だれのことも愛さない。

「あなたは、一生一人で生きることになる」
それは、母親にかけられた呪いだったのかもしれない。
パートナーは、その呪いを解いてくれた。

僕は、生きている。

生きているのに死んでいた僕は、
生きているから生きている僕になった。

これからも生きるために、
僕は、僕ができることを探している。

僕にできることはまだあるかい。

まずは、
今日は検定日なので、頑張ってきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

たくさんあるノートから、 僕(のノート)を見つけてくれて、 ありがとうございます。 サポートをいただけたら、 パートナーといっしょに、 ちょっとごうかなオムライスを食べようと思います。 (残ったお金は、貯金します。)

ありがとうございます。( ´ω` )とってもうれしいです。
11

相地

あいじ。まっとうに生きるって、大変だ。twitter:https://twitter.com/aizi_torinoi

cider.

サンダー、サイダー、サバイバー。 まっとうに生きるって、大変だ。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。