性別で決めつけられることは、こんなにも苦しい

本記事は、米国オレゴン州ポートランドを中心に毎月発行されている日系紙「夕焼け新聞」に連載中のコラム『第8スタジオ』からの転載(加筆含む)です。1記事150円~200円。マガジンでご購入いただきますと600円買い切りとなり(マガジンご購入者は過去の記事もこれからの記事もすべて読めます)、お得です。

これをコラムのテーマに取り上げるべきか否か、実はたいへんに悩んだ。今も悩んでいる。けれども、他のことを書き始めてみたものの、筆がまったく進まない。脳内のなかに住む誰かが「お前の今いちばん気になっていることはそれじゃないだろう」と言ってくる。

では、なぜ書きあぐねているかといったら、これを書くことで何かを分断することに加担しやしないか、と不安になるからである。わたしは自分の提言によって、何かを分断させたくはない。分断は本望ではない。

わたしが今回テーマにしたいのは、ジェンダー差別についてである。

先日久しぶりに会った友人にこんなことを言われた。

「女の子っていいよね。
 男の子を育てるより親のプレッシャーがないから気楽でいいじゃん」


実はこの言葉をいわれたのは三度目である。

まったく違うコミュニティの、まったく違う人からいわれた。いずれも、男児をもつママで(一人目:男児二人の母、二人目:男児女児の母、三人目:男児二人の母)、たまたまかもしれないが、全員専業主婦をしている友人だった。

目の前にいる友人に、悪気はまったくなさそうである。しかし、わたしのなかにはモヤモヤがくすぶった。日が経過しても、その言葉を忘れられず、ボディブローのように効いてきて、わたしは一体何に傷ついたのだろうと思った。

このモヤモヤは何だろう。そののち、ずっと考えることになる。

今もまだ整理がおわっていないし、考え尽くせたとはいえない。けれどもここに書くことによって、現在の思考を整理し、ここを読んでくださる皆さんと一緒に考えてみたいのである。

何に傷ついたのか。

まず、男の子を育てることより女の子を育てることの方が楽だと線を引かれている気がしたことが一つ目である。

だって、そんなこと比べられないのに。実際によく聞く話ではある。

男の子のほうが病気をしやすい、ケガをしやすい、体力があるから育児が大変。これすべて真実であろう。これすべて男児を持つ親の嘘偽りない実感だろう。

しかしながら、わたしには体験が伴わない。体験が伴わないことは正直わからない(わたしは女児の母)。男児を育てることと女児を育てることを比較して、どちらが大変かを結論付けられることに気持ち悪さを感じる。男児女児のどちらを育てることが大変なのか、という疑問にそもそも意味があるのだろうか。

二つ目。女の子は将来、結婚すれば、経済の大黒柱にならなくてもいいのだから、仕事をして金を稼ぐ力を身につけなくてもいいから楽だよね、といわれたように感じたこと。

これって女性へのジェンダー差別ではないだろうか。
男が働いて女は働かないと、いつ、誰が決めたのだ?

男女の別なく、働く喜びを知る人間に育てたいと思う親にしてみれば、この考え方は冒涜である。

この続きをみるには

この続き:2,453文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
4本以上記事を読みたい場合は、マガジン(600円)のほうがお得です。

本記事は、米国オレゴン州ポートランドを中心に毎月発行されている日系紙「夕焼け新聞」に連載中のコラム『第8スタジオ』からの転載(加筆含む...

または、記事単体で購入する

性別で決めつけられることは、こんなにも苦しい

相薗 淑子

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

もし気に入って下さったならぜひお友達にも広めてください。
9

相薗 淑子

夕焼け新聞

本記事は、米国オレゴン州ポートランドを中心に毎月発行されている日系紙「夕焼け新聞」に連載中のコラム『第8スタジオ』からの転載(加筆含む)です。1記事150円~200円です。マガジンとして購入ならば600円、今までの記事も、これから発行される記事もすべて読むことができるのでお...

コメント2件

今のアメリカの職場(女性が過半数)では誰かの誕生日にケーキを買って祝うという習慣があったのですが、ある一人の女性から「その風習をやめよう」という提案がありました。彼女によると「ケーキを買ってくる役割は女性という暗黙の了解があり、それは良くない」との論理でした。自分としては過去にケーキを買いに行くのについていったこともあるなど、そういう認識はなかったのですが、自分が全く思ってもいないところで性別の役割分担を暗黙に仮定してしまうことには気を付けなければならないという反省材料になりました。それ以降、職場で誕生ケーキはふるまわれていません。
私もアメリカの医療現場(女性が過半数)のエピソードがあるのですが、アシスタント職の男女がいまして、ある日男性が休みでした。車椅子に取り付ける機器があり、その男性が居ない→できない→明日来るから頼もう。という流れになりました。そのままではわずかながら患者さんに不自由が生じるので、同様の機器を付けている車椅子を参考に、材料もあるし(簡単なので)私がやりましょうか?と担当スタッフに申し出ました。すると「それは『男性』の仕事だからあなたはやらなくていいよ。」と返されました。自分としては日本のその部署のスタッフなら誰でもやる(できる)ものだという認識だったので驚きましたが何の指摘もせず引き下がりました。性別による役割分担を暗黙のうちに了解してしまったんだなと反省しています。性別でタスクを振り分けられて男性側はどう思っているのか、やることがステータスなのか、女性だってやるべきじゃないのか、そもそも私が彼らのステレオタイプに意見をしたらどう受け取られるのか、悩む所です。私がその患者さんの担当なら、その日に女性アシスタントに依頼するか、私がやります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。