#脱社畜サロン 問題の(仮)まとめ 正田さんの応答を追記いたしました

どうも皆さん、こんばんは。

フォロワー100人にも行かないのに、今さっきイケハヤさんに引用リツイートされた、あじゅん(@ajunnoke46)です。これが俗に言う『イケハヤ砲』でしょうか。さて、本題に入ります。

今回の事件の関係者

1:正田圭(@keimasada222)さん

脱社畜サロンという会員3000人の巨大オンラインサロンの三人のオーナーの内の一人です。正田さんのTwitterプロフィールにはこう書かれています。

連続起業家 / 著書「サクッと起業してサクッと売却」他5冊 / TIGALA株式会社CEO/ 2〜3桁億円をメインとしたM&Aコンサル会社/15歳で起業 / 23歳で年商35億(この会社は倒産) / M&Aの相談に乗るのは好きなので、小さな案件でもお気軽にDMからご相談ください/自慢の嫁兼共同代表@ZZZZ2611


2:えらいてんちょう(@eraitencho)さん

そんな正田さんに対して、えらいてんちょう(矢内さん)さんがこんなツイートとノートを公開したことから事件は始まります。(リンクする件に関してえらいてんちょうさんから許可頂いてます)

このノートでえらいてんちょうさんは、こう問いかけています

『突然ですが、あなたは正田圭さんがプロフィールで謳っている2〜3桁億円の会社を売却したところを見たことがありますか?』

さらにこう続けます。

『私の友人で、某老舗出版社を買収して代表取締役になってる人間がいるのですが、M&A界隈で2~3桁億円のM&Aのディールやってる人間で、正田圭という名前は聴いたことがないっていうんです。2~3桁億円って名もない独立系M&Aブティックファームなんかで扱えないから、2~3億円の間違いじゃない?って言うんです。

株式会社パラダイムシフト社の元社員の友人はこういいます。「少なくとも3桁億円のM&Aは絶対嘘。日本の未上場インターネット企業が100億以上で売却できるケースは極めて稀です。数年に1件のレベル。何故かというと買収する側の企業のた大半は上場してるネット企業であるため、そもそも現預金そんな持ってないよって事なんですね。最近だとフンザをmixiが買収した時くらいですかね。無くなりましたが」

以下、外銀戦コン(戦略コンサルタント)証券系M&A銀行系M&A独立系M&Aファンドの専門家などの話からも正田圭という名前を知っている人はいないようです。』

そして、最後にこう問いかけます

『正田圭さん、単刀直入にいって、あなた儲かってる風の雰囲気だして信者つくって、信者から集金することで儲けるタイプの人とちゃいますか?』

これ、事実がポンっと出てきたら、名誉棄損で訴えられても文句言えないくらいの単刀直入さですね。

3:イケダハヤト(@IHayato)さん

#脱社畜サロン のオーナーの一人でもあるイケダハヤトさんは、この件に関して憤慨していらっしゃるようです。イケダハヤトさんのツイートを紐づけしようと思ったのですが、勝手にリンクしたらマナー違反かな、と思ったので、やめておきます。



オンラインサロンで直接イケダハヤトさんに質問

イケダハヤトさんは、脱社畜サロンでは以下のような発言をしていたようです。(サロンメンバーの方のツイートです。スクリーンショットを公共の場に上げるのはサロン入会の際の事項に明記されていないということでしたので、問題ないと思います)

以下許可を得た、いしかわ(@ishikawa_73568)さんのツイートとなります


僕なりにイケハヤさんの意見を汲み取ってみると、

『自分が信じて出資している。それが正田さんを信用できる理由だ。正田さんは嘘がつけない人間だ。だから疑ったことがない。はあちゅうさんも疑った事は無い、彼、彼女は正しい人間だから、当たり前に疑う必要がない。』

ということになると思います。非常に高尚な人間なんでしょうね、イケハヤさんは。

なお、この事件の半日後、告発者であるいしかわさん(@ishikawa_73568)は『アンチである』という理由でサロンを退会させられています。

ここから追記です(2019/01/10 1:10)


渦中の正田さんがこの件に関するツイートを行いました。

リンク付けの許可を聞いたところ『弁護士に任せてあるから、弁護士からの連絡を待て』ということだったので、僕の解釈で、正田さんの今回の件に関するコメントをまとめてみました。間違ったところありましたら、随時書き直しいたします。

正田さんの意見を大雑把にまとめると


1:基本は専属の弁護士に任せる自分と直接会って話をしたい場合は数百万円の金銭的対価を要求する。ただし、HATASHIAI(堀江貴文さんらが運営しているファイトクラブである)ならば安価な費用で出てもいい。(ちなみに正田さんの趣味は総合格闘技

2:えらいてんちょうさんはnoteの中で『正田圭さん、単刀直入にいって、あなた儲かってる風の雰囲気だして信者つくって、信者から集金することで儲けるタイプの人とちゃいますか?』

と言及しているが、具体的に何で稼いだのかを明記していない。立証責任はえらいてんちょうさんサイドにあるので、教えていただきたい。

3:2-3桁億円(要するに10億~100憶円規模)のM&A(企業の買収)はメインで行っているというだけで、決めたとは言っていない。M&Aのアドバイザーをやっていたのは2017年の頃の話で、進行中の案件はクライアントとの機密保持があるため開示ができない。が訴訟を起こすときに裁判所に提出をする。今も2-3桁億円の案件をやっている。

(正田さんは会社TIGALAを2011年12月に設立したが、今の事業(M&Aの仲介)を開始したのは2017年3月とのこと。こちらは、TIGALAの決算公告のリンクです。http://tigala.jp/pdf/7kessan.pdf)

また、自分でやっていた案件として、

一番直近の案件(3年前くらいかな?)だけ公開しとくと、麻雀ウェルカムという麻雀チェーン店。
これは買収して立て直してマーチャオってとこに売却した事業再生案件

と具体例を挙げています。

が、この案件の規模は私にはわかりません。情報あり次第追記します。


また正田さん自身は今回の件が起こった理由

イケダハヤトさんと脱社畜サロンをやりはじめたのが今回のボヤのきっかけかもしれない。

M&Aは花形の仕事なので、イケハヤさんアンチの、高所得サラリーマン達が下積みもなくM&Aの仕事をやっている僕を好ましく思わない気持ちはわかる

と考察している様です。

また正田さんは最後に、

『今回の件を怪しく思っている人は社畜の考え方が抜けていない、是非、脱社畜サロンに入ってください合宿の空席も多いので、是非

とのことです。


追記:状況が変わり、編集が必要になり次第加筆させていただきます。

要望は(@ajunnoke46)までよろしくお願いします。

あじゅん

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

あじゅん

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。