【前を向け。未来たち】やらず後悔だけはするな。

 わたしは、印刷会社のマネージャーで、この業界とは15年以上関わっている。熱心にサラリーマンとして働くかたわら、好奇心旺盛で行動型のわたしは、過去に経験してきたライターとして「社会になにか影響を与えたい」とか「成功して有名になりたい」と、なんとなく考えて生きてきた。今はカタチは変わったけど、それはとても具体的に会社以外の方とたくさん関わったり、発信する機会が増えた。

とても幸せだ。

 しかし、私はたくさん後悔してきた。15年くらいのその時系列はこんな感じ。

1)やってこなかった

2)適当にやってきた

3)頑張ってやった

4)結果がついてこない

5)なにも続かない

6)考えてやるようになった

7)考えすぎて、やらないことが出てきた

8)少しずつ結果がでてきた

9)結果が出て、やりまくっている

 2・3・4がループしていた期間もあるが、結果が出たこと以外すべて後悔している。いま思えば、結果が出るはずもなかったり、自分が不得手な企画だったり、そもそも続けることができなかった。もっといえば「少しずつ結果が出た」なんて2018年2月ぐらいからだ。

もっとも後悔しているのは7の「考えすぎて、やらないことが出てきた」こと、とどのつまり「やらず後悔」だ。若い自分や入社したての若者に届いてほしい。具体例などは書かず、言いたいことだけ書く。


「やっていればよかった」は取り返しがつかないこともある。

自分の気持ちに嘘をつくような人生なんて絶対送るな。

どうせなら、やりきって泣きわめけ。

泣きわめくと疲れるから、少し休めばいい。

カラダが資本だから絶対に無理はするな。
やりきった人間だけが成長できるんだ。


 ふがいなさ、力不足、相対評価など、私も何度も何度も泣いた。こんなにすばらしい時間を過ごせることを体験できるんだから、やってきてよかった。でも、これはやりきった本人しかわからないんだよ。やらず後悔が一番だせぇ。

逃げるな。自分の想いを隠すな。

前を向いて、ぶつかってこい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます!コメントいただけると喜び文字数
20
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。