東大卒が教える「落ちない小論文・ES対策」

面白さより基本ができているか

入試にせよ就活・転職にせよ、文章は面白くないと合格しないと思っていたら間違いです。

エントリーシート(ES)でも小論文でも、受かるための試験ではなく、落とすための試験です。

面白い内容であれば合格するかといったらそうではなく、就活や転職なら面接、入試であれば学力試験で決まるものです。

したがって、変に面白いものを書こうとせずに、型にあてはめて論理的におかしくない文章を書くことができれば通るのです。

このことを知らないと発想力もないのに面白いことを考えようとして、時間がなくなり始めると焦り始めて、ぐだぐだな文章を書き始めて、大学や企業からお祈りの連絡が来るわけです。

そこで今回は落ちない文章術を紹介しましょう。

学校で教えてくれない作文の基本

就活・転職のESはもちろん、入試の小論文などで文章を書く機会が与えられます。

しかし、どうしたら受かる作文ができるのかは学校で教えてくれません。

小学校のときに読書感想文があったと思いますが、「自由に書きなさい」という無責任な指示のもと、字数を稼ぐためにダラダラとマスを埋める悪い癖がついているのではないでしょうか。

そこで、東大卒で、有名企業の面接官を務めたり、就活生に直接指導をしている私が「3つのステップで書ける作文の書き方」をご紹介します。

多くの人に知れ渡ると合格のレベルが上がる可能性があるので、今回は有料記事です。

文章の3つの基本

この続きをみるには

この続き:2,459文字

東大卒が教える「落ちない小論文・ES対策」

東大卒コラムニスト(岩崎令)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みくださり、誠にありがとうございます。よろしければ、スキ&フォローしてくださると嬉しいです。またどうぞよろしくお願いいたします。

スキありがとうございます!励みになります!
6

東大卒コラムニスト(岩崎令)

東大卒がビジネスやマネー情報を東大目線で徹底解説!自分磨きができるよう記事の最後に本を紹介しています!Twitterでも東大目線で生発信中→https://twitter.com/lei_iwasaki
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。