どうかやまないで、夕立。 ヤスオP / “雨宿り二人”

 あなたは雨が好きですか。私は靴は濡れるし、髪ははねるし、体調が悪くなることもしばしば。でも、雨音を聴くと落ち着く。少し苦手だけど、好きな天気です。

 澄みきった青空や虹を運んでくれるのも、雨が好きな理由です。

 さて、今回は夏の雨曲、ヤスオさんの“雨宿り”を紹介します。

 涼やかな音色のピアノは、夏の心地よい雨を思わせます。

 この曲は、夏の日に君(私の想い人)と夕立にあって、駄菓子屋の屋根の下で雨宿りをするお話です。君と一緒にいたい主人公は、この時間がもう少し続いてほしいと願います。

 そばにいるだけで、嬉しくてドキドキしてしまう。夕立がくれた時間をこの歌の主人公は忘れないでしょうし、雨が降るたび思い出すことでしょう。

 この作品は実は、2008年の投稿されたものです。また、ヤスオPさんは“えれくとりっく・えんじぇぅ”を作った方でもあります。

 本作にいつ出会ったか、もう忘れてしまいました。でも、雨が降るとこの曲を聴きたくなります。雨曲は名曲が多いと言いますが、この作品もそうだと思います。

 雨が嫌いな人にも、聞いてほしい一曲です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。励みになります♪
7

茜涼夏

音楽レビュー

コメント1件

この作品は、ヤスオPさんの中でもトップクラスに好きです……
雨曲としても忘れられない情感溢れる作品ですよね。
紹介ありがとうございます……(*´▽`*)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。