シリコンバレーから見るショッピング体験の変化「8つのキーワード」

2014年からサンフランシスコに住んでいます。ベンチャーキャピタルで働くかたわら、新しいサービスを使ってみて、そのビジネスモデルを探ることが趣味で毎週なんらかの新しいサービスを試しています。

仕事の関係もあり年間1000件超のスタートアップ情報にふれ、この2年間で100件超のサービスやプロダクトを実体験しました。

試した結果を自分のブログ Be Magnetic! にポストしたり、日経MJやShoppingTribeといった媒体にレポート記事を寄稿したりしています。

今回はショッピング体験にフォーカスして「お店で買う」→「ネットで検索して買う」→そして次の変化について「8つのキーワード」とともに私の体験したサービスをご紹介します。

【キーワードその1】レンタル&シェアリング

日本では、airClosetというファッションレンタルサービスが今年はじめに10億円を調達したり、メチャカリ、マガシークが新サービスをスタートするなどレンタル&シェアリング関連のサービスが盛り上がりを見せていますね。

私もファッションレンタルサービス LE TOTE を利用しはじめて2年が経とうとしています。

[体験レポート]ファッションレンタルサービス「LeTote」を使って3ヶ月の感想

米国ではファッションに限らず、様々な分野でレンタル&シェアリングサービスが広がっています。

この続きをみるには

この続き:4,141文字/画像1枚

シリコンバレーから見るショッピング体験の変化「8つのキーワード」

プロダクトハンターあかねのノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります!
13

コメント2件

とっても勉強になりました^^ありがとうございます。
ticketmasterとか、興行系のアプリの体験聴きたいです!日本だと転売が問題なってたりしますし、そちらの電子チケット業界どうなってんのかなあと。。。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。