見出し画像

「トレーニングを通じて人生を豊かにする」を軸に、現役ボクサー・理学療法士として多くのたちに健康の大切さを広げているTotal Body Support ”Next R”(ネクスト ラウンド)代表の井無田峻さん

ボクシングとの出会いから自らの可能性に気づき、今の活動をされている井無田さん。トレーニングやボクササイズ、エクササイズを通して健康・幸せを感じ、人生を豊かにしてもらいたいと日々発信しつづけている井無田峻さんにお話を伺いました。

【プロフィール】              出身地:福岡県北九州市           活動地域:福岡県福岡市           経歴:幼少期より様々なスポーツに没頭。高校卒業後、理学療法士になるため専門学校へ通いながら、プロボクシングライセンスを取得しプロデビュー。現在でも『闘う理学療法士』として活躍中。また、理学療法士、トレーナーとして国内だけでなく、海外(アメリカ・カナダ)へ渡り1000人以上の治療や身体ケアの経験を積む。その経験を活かし、ボディメイクはもちろん動作分析、身体機能を細かくチェックしてコンディショニングまで行っている。キネシオテーピング認定トレーナー、アスリートフードマイスター、アスリートフードマイスターコミュニティ役員、障がい者スポーツ指導員、日本PNF協会会員。   現在の職業および活動:Total Body Support Next R 代表、兼トレーナー。「トレーニングを通して人生を豊かにする」という思いを強く持ち、健康・幸せにつながるためのトレーニングを活動を行っている。パーソナルトレーニング・マンツーマンボクシング・ストレス発散・シェイプアップ・運動不足解消など。オフィスやご自宅、ジムへの出張トレーニングなどその方のニーズに合わせ活動範囲も広く健康づくりのサポートを行っている。
座右の銘:継続は力なり

Q1、井無田さんが描くこれからの夢やビジョンを教えてください。

井無田峻さん(以下敬称略)僕を通して、たくさんの人に笑顔になってもらいたいというのが最終的なところですね。ダイエットに成功して、自分に自信を持ってもらって笑顔になるとか、自分の知識とか経験を通して関わる人が笑顔になってもらいたい。人にとって人生の豊かさはそれぞれ違うと思うんですけど、健康になるとかいいパートナーに巡り合うとか、お金持ちになるとか何でもいいんですけど何か幸せにつながることを僕を通して感じてもらいたいなと思っています。その一つのツールがトレーニングや健康の分野なんです。そして、ゆくゆくは後輩育成というか、それがトレーナー育成になるのか何になるのかは分からないのですが、みんなが幸せになるような環境づくりを一緒にやっていけるような仲間づくりをやっていきたいなと思っています。

Q2、井無田さんは夢を実現するために、どんな目標や計画を立てていますか?

井無田 まずは目の前のことをこなしていくことが大切だと思っています。経営革新といって、今商工会議所にお世話になっていて新しいことをやっていくような計画建てをしています。今は、パーソナルトレーナーとしてパーソナルトレーニングもやってるんですが、グループに対してリズムボクシングといってボクササイズみたいなものもやっています。そして今年、経営革新で新しくやろうと決めたのが、椅子に座ってできるエクササイズの考案です。体育館などでやっていますが、足を怪我した人もできるし、ご高齢の方もできるし、サポートできる人の枠が広がるのでより多くの人と関わることができるんじゃないかと思っています。

記者 いろんな方のためになりたいという思いを感じますね。サポートしたい枠がとっても広いんですね!

井無田 そうですね、とくにこだわりはないですね。「ボクサー」だとダイエットに対して得意なイメージを持ってもらえると思いますし、「理学療法士」だと障害を持った方とかご高齢の方とかも興味を持っていただけると思います。せっかく勉強した分野でもあり、伝えられることがあると思っているので、色んな方と関わりたいと思いますね。あと今後は動画コンテンツの需要が高まってくると思うので、そこに向けてYouTubeでの動画配信を行っています。福岡だけでなく日本や海外の色んな人に向けて何か発信できればいいなと思います。

そういった計画をまずは成功させて、来年か再来年に本を出版したいと思っています。その内容はまだ検討中ではあるんですが、本を出版する目標は立てていますね。そして、去年テレビ出演できたんですが、今年もまたテレビ出演することが目標ですね(笑)

Q3、夢の達成に向けて、大事にされていることはありますか?

井無田 二つあります。一つは、動かないことには始まらないと思っているので、まずはやってみる、一歩を踏み出すことを大事にしています。僕自身、色んな事に挑戦したいと思っていて、「挑戦する勇気」を関わる人たちにも感じてもらいたいです。もう一つは、あきらめずに継続することの大切さを大事にしています。 

Q4、井無田さんが夢を持ったきっかけは何ですか?

井無田 ボクシングで得た経験や精神力が大きなきっかけですね。昔の話をすると、高校時代は全然勉強もできなかったし、高校も3回停学になって4回目で強制退学になっちゃって、夢も何もなかった時代がありました。その後定時制の高校に入るんですが、ちょうどその時に先輩がボクシングを誘ってくれたのが始めたきっかけです。ちょうど17歳くらいのときですね。それで初めて頑張れる一つが見つかって色んなものに興味が持てるようになりました。今まで何も継続してやったことがなかったん僕ですが、減量などきついこともあったけど、そこを乗り越えた時に自分に自信がついて新しいことに挑戦する勇気が持てました。定時制の高校を卒業して理学療法士の専門学校に入学したんですが、それができたのもボクシングで鍛えられたことがかなり大きかったからだと思います。

Q5、背景には、何があったのでしょうか?

井無田 二人兄弟の長男で、姉がいるのですが姉は薬剤師で小さい頃から優秀なんですね。親戚も周りはみんなエリートばかり。だけど自分は勉強が得意ではなくて。でも「自分にも打ち込めるものさえ見つかれば何かできるはずだ!」という根拠のない自信はずっとありました。ボクシングの試合に出て勝った時に初めて褒められたり、応援されたことがうれしかった経験を通して自分の可能性とか、個性とかを引き出してもらえたのかなと思います。ボクシングで得られた経験が「自分にも何かできるはずだ」ということとつながったんだと思います。今でもボクシングの試合に出続けるのは、応援されることが一番のモチベーションですね。

記者 同世代の人たちに向けて伝えたいメッセージはありますか?

井無田 今は色んな働き方ができると思います。前の職場でパワハラみたいな人がいて僕自身苦労した経験があるんですが、無理に頑張らなくてもいいと思ったんです。挑戦する勇気や一歩を踏み出す勇気を持ってもらいたいなと思います。自分ができることで自分の好きな働き方を見つけていくことにチャレンジしてほしいですね。そして、自分が当たり前にやっていることが誰かにとってはすごいことだったり、励みになることがあります。インスタグラムのストーリーに情報発信することもそうなんですが、発信すれば広がるし、自信にもつながる。情報発信することや小さなことでも継続することの大切さを伝えたいですね。

記者 素晴らしいメッセージですね!今日はお話を聴かせていただきありがとうございました。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜 

井無田さんの活動に関してはこちらから

↓↓

・HP:https://www.fukuokanextr.com

・Facebook:


・Instagram:

https://instagram.com/shunimuta?utm_source=ig_profile_share&igshid=vmyor1wfprzk

・YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCmuKeuAnHNHgiAk15i2Rl9Q/featured

【編集後期】

今回インタビューさせて頂きました、梅津、三浦です。自分が関わる人たちを笑顔にしたいという井無田さんの熱い思いが言葉の一つ一つから感じられる現場でした!日々の発信の継続もそのメッセージだと思います。今後の活躍を心より応援しています。

      〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

この記事は、リライズ・ニュースマガジン”美しい時代を創る人達”にも記載





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

67

Re・rise News

AI時代に人間にチャンスを提供し、まだ見ぬ未来から今をリライズする新時代創造マガジン。 社会のシステムが全てAIで賄われる時代だからこそ、人間の持つ本来の無限の可能性と機能を最大限花開かせる美しい時代を創っていく為に、既に活躍されている方々にお話を伺い、認識の変化のきっか...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。