虚類:経穴を学ぼう

1)

五臓虚損して疳をなし癆をなすものは、臓会であり、脾経の募穴である脾経の募穴である章門をとる。

肝脾腎を補い、精気を益し、気穴を壮んにするには、三陰交を用いる。

足三里は胃経の合穴でアリ、胃の気を益し、気血を補う。解谿は胃の経穴であり、脾気を助けて、腎気を益す。この二穴(足三里、解谿)は脾腎を健やかにし、中期を補う作用がある。

陰陵泉は、中衝を暖めることが出来、脾気を理める。

優先は腎経の井穴であり、補腎して制を益し、滋陰する

2)

胃の募穴であり、腑会である中脘は陽気を奮い立たせ、胃を益し、六腑を補う。

上廉は大腸の下合穴であり、腸を通じ、滞を下肢、胃を和す、

胃経の経穴である復溜は駅を固めて発刊しすぎのものを治す

肝経の合穴である曲泉は、肝を養って穴を補う


3)照海、陰谷 交信、然谷、この4穴はみなよく腎陰を滋し腎陽を補う。その効能はあたかも寒い谷に春が来るようなものである。

照海は陰蹻を通じ、腎陰を益す

陰谷は、腎経の合穴であり、滋腎して熱を清める

交信は陰蹻の郄穴でアリ、補腎滋陰する。

然谷は腎経の栄穴であり、腎を益して陽気を奮い立たせる。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

akiko36

経穴を学ぼう

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。