恋愛は誤作動

恋愛は誤作動だと思う。人間は「その人を好きになるのが正しい」という理由で恋愛をすることがない。

「この人を好きになってもなんにもいいことないし、誰も喜ばないし、誰も幸せにならない」と理屈ではわかっていても、それでもどうしようもない重力に引っ張られるように、坂を転げ落ちるように、頼んでもないのに、どんどん勝手にエスカレートしていく。

いろいろ考えてみても、どうしてその人だけが特別に見えるのか、はっきりとした理由がわからない。ものすごい美人だとか?年収一億円とか?IQ300とか?とくにそういうこともないんだけど、どうしてスイッチが入ってしまったんだろう。

その人はどう考えても、「好きなタイプは?」と聞かれたときに、自分が答える条件にひとつもあてはまってない。相手が自分を好きだ好きだと言っているわけでもない。自分がその人を好きになる意味がわからない。これはどう考えても誤作動だ。

やっかいなのは、そうやって思う相手も、タイミングも、自分ではまったくコントロールできないことだ。恋愛をすると、まるで気まぐれに高さを変える床のうえにいるように、勝手に上がったり下がったりさせられて、とにかくせわしない。しかもそれはまったく外因的なものなので、自分でコントロールをすることができないのだから。

好きだと気づいたその瞬間に世界はおもいっきりひっくり返り、もといた世界には戻れることは二度とない。かつてそこにあったはずの、静寂で平穏な、何も起こらない世界には。

どうしてこんな面倒な誤作動を好き好んでやりたいのか、よく意味がわからないなあ、と誤作動が起こるたびに思う。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

好きです!!!!
20

akiko_saito

生活

生活のことを書くところ
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

恋に落ちる(fall in love with 〜 を訳しただけかもしれないけど)というぐらいだから、誤作動ではなく、本能的に相手を求めている可能性も。自分のDNAが相手のDNAに反応している、みたいな・・・
kenjiさん なるほど〜〜〜〜〜〜〜〜 DNA、空気とか読まなそうですもんね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。