女性用風俗は素晴らしいからみんな使ってほしい

以前「レンタル彼氏」について書いて、たくさんの方に反応を頂いた。ありがとうございました!

だがすまん、わたしはその先に行ってしまったのだ。

今日はその話をします。

「1122」(渡辺ペコ先生)という漫画がある。主人公は結婚7年目の仲良しだけどセックスレスの夫婦。妻が「性的交渉をしたくない」と言ったことがきっかけで、二人は話し合い「婚外恋愛許可制(公認不倫)」を作った。そして旦那は実際に不倫をしているのだが妻公認。しばらくはうまくいっていたのだがあることから亀裂が生まれ..というあらすじ。

実際に不倫してる夫。それに対し、妻は女性用性風俗店(以下女性用風俗)を使う。女性用風俗というのは出張ホストみたいなもので、男性が来て女性に性的サービスを施してくれるというものだ。「婚外恋愛」が許可されていて、夫はおもくそ不倫しているのに、妻が女性用風俗を使ったと知った時にものすごい嫌悪感を示す。

ブー!!!!!!!

女性用風俗は買春じゃありません〜〜〜〜〜〜

売春←→買春とは対価を得る性交を示す言葉で、日本では女性用(男性用も)風俗は本番行為は禁止されてます〜〜〜〜〜バーカバーカ

しかも恋愛だったら良くてサービス受けたら汚いってなんだよ意味わからんわバーカバーカ

特殊なお風呂場では、背中を洗ってくれた人とお客が「たまたま」恋愛感情を抱きあい、その先に行っているということになっているが、ここではとりあえず法律で認められている”風俗営業”の話をする。

男性用の風俗はものすごくポピュラーだ。しかしなぜか、女性用風俗はまったく存在感がない。なぜだろう。「男性はすべての女性のことをうっすら好きだが、女性はすべての男性のことをうっすら嫌い」という言葉がある。基本的に、女性が身体を触られても嫌悪感を催さないのは相当な好意を持つ人に対してだけなので、不特定多数の人が相手になる風俗というのはそもそも女性には受け入れがたいものなのかもしれない。

でも、あるんです。ちゃんと。女性用にも、風俗が。こちらは「東京秘密基地」。男性が女性のためにサービスをしてくれるお店です。

「東京はすごいべや」とか言ってる場合じゃありません。なんと日本中にあります。

もちろんここだけではなくて、いまは女性用の風俗店がたくさんあるのでぐぐってみてください。

なぜそのへんの男性だといやなのに、風俗店なら利用したいのか?それは、

自分自身で相手を選ぶことができる

これがデカイと思う。「東京秘密基地」では、多くの男性が顔出し。女性は好みのタイプの男性を選んで指名できるというわけだ。

「マッチョがいいわ」「高身長がいいわ」「ちっちゃめの子がいいわ」「甘い顔がいいわ」など、様々な好みに対応している。しおというのは塩顔ということです。

そして、気になる料金はこちら。想像していたのよりものすごく安かった。オールナイトのお泊りコースは50,000円。この他に指名料(2000円)、交通費(1,000円〜)、深夜料金(3000円)などがかかります。ちなみにレンタル彼氏は手を繋ぐまでがOKで、1時間最低1万円。手をつなぐだけの?!レンタル彼氏と?!ほぼ?!同額とは?!これいかに?!

そんで、「東京秘密基地」のホームページにはこんなキャッチフレーズが。なんらかの三代目をイメージさせる。なんの三代目かは知りません。たぶん魚屋さんとか酒蔵とかじゃないかな?三代目の人って男前が多いもんね!

この先の「3大ミッション」のキャッチフレーズはとてもじゃないけどこの健全なブログには貼れないのでご自分の目でアクセスして確かめてください。ここから

わたくしが指名させていただいたのはATSUSHIさん。わたしが女性用風俗を使おうと思ったのは、某友人から「なんかこんなのあるらしいよ」と東京秘密基地のリンクが送られてきたことがきっかけだった。女性用風俗はたくさんあるのだが、グーグル検索の結果が玉石混交すぎるし何選んでいいかわかんないしで使ったことがなかったのだが、ホムペを見て「あ、なんとなく信頼できそう」と思ったのだ。

そしてリンクを見た30分後に「よし!!!!女性用風俗を使ってみよう」と思いたち、その日に来れる方が誰かを問い合わせたところ、その中にATSUSHIさんがいた。某グループをなんとなく彷彿とさせるお名前、184cmの高身長、ガッチリ体型というキーワードがわたくしのモロ好みということで指名させていただきました。

問い合わせはLINEで行う。

「この人でお願いします。時間は何時、住所はここです」

「了解しました、向かわせます」

といったやりとり(丁寧でした)の後、、果たして約束の時間にATSUSHIさんがやってきた。

わりと緊張した。そりゃするわ。

やってきたATSUSHIさんはホムペ通りの高身長。マスクをつけて大きな荷物を持っている。

「あっこんにちは、よろしくおねがいします」

と挨拶もそこそこに部屋に入った。

マスクを取ると、

何代目の名に恥じない、ガッチリイケメンがそこにいた。

しかも九州弁混じりの優しい口調で話しかけてくれる。やだかっこいい、、

90分でお願いしていたので、時間がないということでお風呂に。シャワーは別々に浴びた。

「じゃあ、うつ伏せで横になって」

と言われる。アロマオイルマッサージを施してくれるのである。とっても上手。軽いジョークを挟みながら和やかな雰囲気で施術は進み、「うわー足凝ってるね〜」と弱っているところを丁寧に施術してくれる。ビジホの斜め前にある指圧屋に行こうかと思っていたので「お、、お得!!!」という感じだった。

一通りマッサージが終わると、背中を舐めていただける。そこからいろんなところにいろんなことをしてくださるのだが、とりあえずここから先は想像してください。で、さっき貼ったミッションのリンクの先、皆さん見ましたか?

この3大ミッション、ちゃんと実現されます。

いやマジで。まじまじ。

わたしの友人は別店舗の女性風俗店を利用したのだが、施術者に「僕は既婚者なので粘膜と粘膜の接触は無しです」と言われ、そのとおりだったのだけど「すごく良かったです」と言っていたのでやはりプロというのはすごいものである。

■感想

知らない人と密室で二人きりになっていろいろされるのって怖いなと思っていたのだが実際はめちゃくちゃときめいたしすばらしい技巧で魅了していただいた。欲望もスッキリと処理された。食欲、性欲、睡眠欲は人間の三大欲求だという。食欲は食堂で、睡眠欲はベッドで済ませればいい。それと同じで、性欲も安全が保証されたサービスがあるならば利用したほうがいい。利用したあとはなんか世界がキラキラして見えた。いろいろモヤモヤしている女性がいたら、ぜひいちど試してみてほしい。無理だったら「やっぱりやめます」と言えばいいから。

そんで、実はリピートしてしまったのだが、やはりATSUSHIさんを指名した。「知らない人はなんか怖いから」という理由だ。ATSUSHIさんだって知らない人だったのにおかしな話である。でも女心ってなんかそういうもんなんですよ。あと、サービスなので「口コミ」として他の利用者の感想がホムペに上がっているのだが、それを見ると「ほ、ほかの女と、、!!!」となんか悔しくなる。ウェイトレスさんに「ほかの男にスパゲティを配膳している!!」と怒るようなものだとはわかっているのだが、ちょっと嫉妬。女心ってそういうもんなんですよ。多分。

で、ここからが本題なのだが、「風俗は汚いのか」。

わたしが風俗を使う前は、「風俗なんて!!浮気よ浮気!!」と思っていたが、自分が使ってみると

風俗は浮気じゃない

と思ったのである。もちろん素敵な人♡とドキドキときめいたりしているのでお金を払って施術していただいているのだが、実質

コミュニケーションのレベルがいろいろ閾値を超えているだけの整体

だと思った。整体とか鍼とか。で、いろんなところを触られているだけ。だからこれは浮気には入らないな、と思ったのだが、自分の恋人や旦那が風俗に行ったらやっぱり「最低!!浮気よ浮気!!」と思うことは変わっていない。自分はいいのに他人はダメ。なんだかよくわからないが、とにかく女性用風俗は素晴らしいので、必要としているすべての女性に使ってもらっていろいろ開放されてほしい。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

好きです!!!!
86

akiko_saito

ブロガー。伊達藩出身。比類なき「ゲーム帝国」で本名明かしの刑を受けた実績を持つ手負いの獣。メール: akikosaito1120 at gmail

Truth Study Centre

コメント3件

「世界がキラキラして見えた」…! …!!やばい、なんか文章が眩しい…!
いつもありがとうございます相変わらずとても楽しく読み、とても考え、とても興味を持ちました、
そのキラキラを知って死ぬか知らないで死ぬか…悩 運もありそうで実は、踏み出せてません…。
@こんにちは世界さん ATSUSHIさん、間違いなかったですよ、、他の方も良いに違いないです。ここは信用できそうな気がします、、
一途に行くか、総ナメするか…。口コミも、参考に…。
なんと…!
夜って…楽しいんですね…。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。