見出し画像

映画「テイク・ディス・ワルツ」がひどかった話

映画「ドラゴン・タトゥーの女」の話、誰かの気を悪くさせることは、死ぬことよりも怖いことがご好評頂いているので映画の話でもう一個再録

2012年公開された映画ベスト10の3位にランクインした映画「テイク・ディス・ワルツ」。これがもう一言で言うと「鬼畜の所業」という感じだった。ヤコペッティも真っ青の残酷映画。監督は女優でもあるサラ・ポーリー。

<あらすじ>結婚して5年がたつマーゴとルーは、まだ子どもはいないが仲睦まじく穏やかな日々を過ごしていた。そんなある日、マーゴは仕事で訪れた島で出会った情熱的な青年ダニエルにひかれるものを感じてしまう。さらに、ダニエルが偶然にも自分たちの家のすぐ向かいに住んでいることを知り、マーゴの心は揺れ動いていく。

島で出会った気になる青年が家の前に住んでいた!なんて少女漫画みたいな設定ですが、「女性特有の理由なき気まぐれで夫をないがしろにする妻」
という話ではないんですね。

ここで曲者なのは「仲睦まじく穏やかな日々」というやつ。マーゴとルーは朝から晩まで「愛してるよ」と言い合っている、表面的に見ると仲の良いカップル。でも実は、お互いの内面に踏み込んで理解してはいない。ルーはそのことに気づいていないけど、妻のマーゴは知らず知らずフラストレーションをためていた。

マーゴはつねに、ルーが自分に無関心であるという不満を持っていた。子供が欲しいというといやがるとか、「わたし仕事を続けるわ」と言っても「どんな仕事?」とか聞かないとか。女性にとっては「私という個人がやることに関心がない=愛情がない」なので、マーゴはルーに愛されている実感があまりなかったんだと思う。

そのスレ違いの極めつけが記念日にレストランに行くシーン。「もっと私のことを知りたくないの?」と聞くマーゴに、ルーは「君とぼくは一緒に暮らしているんだから、お互い知らないことなんか無い、だから話は不要」と言い放つ。この言葉はルーにとっては愛情表現なのに、まったくの逆効果になっている。

心からマーゴのことを愛しているのに、それを伝えられていない。子供っぽいところがあるのか、自分しか見えてなくてマーゴを気にかけることができない。そのうえ、マーゴが不満を抱えていることもわからず、一緒に生活して「愛してる」といっていれば、マーゴは自分を100%理解してくれて、永遠に一緒にいてくれるものだと思い込んでいる。

その一方で、情熱的な青年ことダニエルさんはマーゴのことを気にかけていると伝えるスキルを持っていた。彼女がつらそうにしていたら声をかけるし、「今こう思っているんでしょう」と慮る。どうやって働きかければ、彼女に自分が愛しているとわかってもらえるのかを伝えるのに長けていた。

ルーとダニエルのどちらがマーゴをよりたくさん愛しているのかはわからない。違いは一緒にいる年月ではなく、ダニエルはスキルを持っていて、ルーにはそのスキルがないということだ。かくして、マーゴはダニエルを選んだ。

これは「愛してる」と伝え続けることで関係性を維持する欧米のカップルが見るとすごくびっくりする話なんじゃないかと思ったのですがどうなんだろう。その建前だけでは、もはや関係は維持できない。昔の人だったら人情でルーのもとにとどまったんだろうが、現代だとそれは通用しない。だからマーゴはルーの元を去ってダニエルのもとに走る。

かつてイーストウッドが撮った「マディソン郡の橋」も似たような話だったが、決定的に違って、メリル・ストリープは夫の元を去らなかった。イーストウッドは男だし人情家だから「スキルの無いものが負ける」という話にはしなかったんだろう。

ところがサラ・ポーリーは女で冷酷なので、このご時世では恩や情けは何の役にも立たず、スキルのある者だけが勝って何かを得ることができるという
話を描くことができたんではないかと思った。しかも不器用で昔かたぎのやさしい旦那をセス・ローゲンに演じさせるとはますます心が痛んでひどい。だが、結局マーゴもさきの結婚の問題点がわかってなかったので、また同じ事を繰り返すしかないようだ。

サラ・シルヴァーマンもすばらしかった。なかでも、夫の元を去ったマーゴに「人生なんかどこか物足りなくて当たり前なのよ。それに抵抗するなんてあんたバカよ」って言うセリフにしびれた。この言葉は正しいのか正しくないのかよくわかんなくて深い。

まあ、「レボリューショナリー・ロード」「ブルー・バレンタイン」に続く、タイトルを聞くだけで鬱になるシリアス・リレーションシップ3部作ということで金字塔間違いなしの名作です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

好きです!!!!
2

akiko_saito

ブロガー。伊達藩出身。比類なき「ゲーム帝国」で本名明かしの刑を受けた実績を持つ手負いの獣。メール: akikosaito1120 at gmail
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。