君は砂漠かリア充か 「ララランド」に感動する方法

誰もが絶賛する映画「ララランド」。半年前から指折り楽しみにしていたのですが、見たらすっごいダメだった。けっこうショックである。

ララランドはすごいのだ。「ロッテン・トマト」というアメリカの映画サイトで、批評家の93%が支持していて、332のレビューのうち「良くない」としたのはたったの23本。そしてこのブログもそのマイノリティの中に入るのだと思うと、23人の人と入る墓は一緒だなと思う。

友人のあんどうくんが言っていた、こういうことなのかもしれない。

誰が砂漠やねん!

そういうことで、ララランドで感動できなかった私がみんなと同じように感動できる方法を探っていきたい。

1.オープニングが最高

これは大丈夫。同意できる。薄汚れたLAのハイウェイ、憂鬱な朝の渋滞で、突然歌と踊りが巻き起こる。この最高の瞬間が、映画が始まった瞬間に訪れるのでもう最初から涙が出てくる。

この「なぜかわからないけど涙が出てくる」というのがミュージカルの素晴らしいところだ。いつも世界がこんな風だったらいいのだ。争いも暴力もなく、花と笑顔と歌と踊りに満ちた世界ならいいのに。ミュージカルはそんな優しい・そしてありえない世界を見せてくれるので、涙が出てしまうのだ。ここは音楽もよかった。

でも正直元ネタと言われている50年前の映画「ロシュフォールの恋人たち」よりも進化したのかというとよくわからない。「ララランド」は「雨に唄えば」「バンド・ワゴン」などたくさんのミュージカルにオマージュを捧げているそうだが、どれも表層的なコピーにとどまり、元ネタを超えることもないし、何より問題なのが「そもそも超える気もない」ということだった。

2. ライアン・ゴスリングとエマ・ストーンが歌って踊ってて素敵

うわあ、ライアン・ゴスリングとエマ・ストーンが歌って踊ってる!すごーい!素敵!!

と思えばララランドは楽しい。私だってライアン・ゴスリングもエマ・ストーンも大好きだし、ものすごく魅力的だと思うが、彼らは本業の歌手ではないし、いくらピアノが弾けるようになったといっても能力がそちらには特化されていないので、声だけで聴く人をノックアウトするとか、そういうことはできない。

それなのに、この映画では少ない楽曲のうちやたらと俳優が歌う。「レ・ミゼラブル」のアン・ハサウェイの歌がよかったのは本当に必然性があったからで、ほんとうに説得力があった。

「ララランド」はミュージカルと言われているが、なんだか役者が歌って踊ることの希少性のほうに重きが置かれているように感じるのである。だから悪役で出てきたジョン・レジェンドが歌ったときは感動した。なぜならようやく歌が上手な人が出てきたからだ。

有名人の歌もいいけど、基本的に歌は上手な人に歌わせてほしい。

3.曲がいい

ミュージカルといえば、一度聴いたら忘れられないくらい、キャッチーな歌!と思うのだが「ララランド」にそんな曲があっただろうか?オープニング曲、は最後にまたちょっと出てくるぐらいで、劇中で繰り返し出て来るのはライアン・ゴスリング扮するセバスチャンが弾く”フリージャズ”な曲なのだが...

これがジャズ!?どういうこと?!せいぜいポール・モーリアといったところだ。これまでのミュージカル映画で最も地味なテーマ曲なのではないだろうか。別にジャズでなくてもなんでもいいのだが、それにしても劇中の曲、メロディもハーモニーもグルーブもすべてが今一歩に感じられる。

わたしはジャズポリスではないのでこの映画におけるジャズのトンチンカンな扱いについてはあまり言うつもりはない。それでも「モダン・ジャズを好きな男が妥協して入った売れ線バンド」(NPRライブのYouTube再生回数が98万回ぐらいの超売れっ子)のボーカルがジョン・レジェンドで、ヒロインも「あんな音楽本当にいいと思ってるの?!」とくってかかるという展開は何が真意なのかわかりかねた。監督はニュージャズを否定したいのか?それとも今起こっている新しいジャズについて何も知らず、ジャズファンがフュージョンをくさすみたいな感じでやっているのだろうか?ジョン・レジェンドじゃなくてフライング・ロータスとかカマシ・ワシントンに出てもらえば面白かったのに。

だいたい映像の真似っ子だけで「ミュージカルへのオマージュ」をやるのがわけがわからない。さらに主人公が「失われつつあるオリジナルのジャズにこだわる男」という設定にもかかわらず、サントラにおいて偉大なミュージシャンがフィーチャーされることもなければ、往年のミュージカルナンバーへのオマージュもなく、地味なメロディーのオリジナル・ナンバーが揃うばかりであった。

というかそもそもこの映画、ミュージカルの割に全然歌わないんである。冒頭からルームメイトの女の子たち、ハリウッドの”人脈作りパーティ”でのプールでのエレポップ楽曲などを経て、ミュージカルとして早々に失速していく。ララランド否定派(砂漠)が「あっちのほうがよかった」と語る、ウディ・アレンの「世界じゅうがアイラブユー」などは会話を5分→歌を3分、のような配分だった。監督はやる気はあるのだろうか。心配だ。

4.主人公の真意を考えない

主人公のセバスチャンは、今は失われつつあるモダンジャズの信奉者。「自分を曲げない」ためにジャズバーを首になってしまう。ヒロインのミアは、セバスチャンのそんなところに惹かれた。「他の奴が何を言っても気にするな、お前のやりたいことをやれ」というとても良いメッセージだ。

しかしセブが選んだ道は、そのメッセージに沿うものではなかった。観客は「ええ?!それでいいの?!」と思うが、映画はグイグイ進んでいく。彼がやっていることが、正しいのかどうかよくわからない。ミアも納得いっていないようである。

そしてミアのほうにも展開が訪れるのだが、いままで、観客に対して「ミアはこういう志がある人」という描写がされてこなかったので、やっぱり喜んでいいのかどうなのか、よくわからない。

でも映画のトーンが「よかったね!」みたいになっているので、まあ一応喜んではおく。そのうちにあのドラマチックなエンディングがやってきてドカーンと終わってしまうのだ。パパラッチがたくさんいるハリウッドにおいて起こり得ないくらいの純粋なブランクを経て。

こんなに乱暴な話の運ばれ方をすると、感情移入もへったくれもないのだがどうすればいいのか。ダミアン監督は人間のぶつかりあいを描くのは得意だが、融合を描くのが本当に苦手なようで、ふたりの感情が高まる機微の描写は冗長すぎて死んだ。関係性の描写で唯一生き生きしていたのはすさまじい口論の時だけだった。ダミアン監督は男女関係を描くのにまったく向いてなさそうなので、男と男のぶつかりあいに今後は注力してほしい。

5.っていうかおばって誰?!

みんなが感動している「おば」...。しかし!!誰やねん!!!!なんで出てこないのか、意味わからなくないですか?!だったら写真くらいあっても良いのでは(ありましたっけ?)。部屋にないならせめて実家の壁に貼ってあるとかしてほしかった。あれだけの説明で感情移入できるみんながスゴイ。

6.夢を持つ人、クリエイターに見て欲しい映画

映画の感想で「ほろ苦い」「夢を持つひとは見るべき」みたいな感想があったが、こんなに甘い映画みて何いってんだ。甘すぎないですか?!?!?!そうなった過程もなんだかよくわからないし?!?!?!完全にご都合主義もいいところである。そこでゴンドリーもどきのエンディングで感動しろって言われても出来るわけがない。この映画で「夢を持つって大変なことね..!」と思った人は「マルホランド・ドライブ」を見て考え直して欲しい。

7.映像がキレイ

映像がすっごくキレイだった〜〜〜〜〜〜〜〜〜!と思うとすごくいい映画だ。

しかしCGのシーンはILM仕事を見慣れた目にはしょぼしょぼで、長回しが売りと言われても、

こんなことが可能になってる時代に実写だから偉いとかマジで意味ないと思う。

うわさのラストシーンもゴンドリーの出来損ないといった感じだが、ゴンドリーを見たことがなかったら感動していたと思う。

8.衣装がカラフルでカワイイ

テクニカラーのミュージカルにオマージュを捧げているということで、ヒロインの衣装がカラフルだ。カワイイ!!実際にエマが来ていた黄色いドレスが流行っているらしい。

「わあ、カラフルなお洋服、カワイイな〜!わたしも赤いバッグ欲しくなっちゃった!」というように思えたらいい映画である。間違いない。アメリカの否定派の批評家は「こんな服タンポンのCM以外で見たことないわ」と容赦なくて笑った。

9.あんまり期待しない

そもそも、わたしがこんなにブーブー言っているのは、この映画にもんのすごく期待していたからである。すごい映画が出来て、アメリカで絶賛されていると聞いた。それはハリウッドのミュージカルを復権に導く、現代型で最新の映画なのだと言っていた。「ロシュフォール」から50年、「glee」を経たアメリカで、「セッション」の監督がライアン・ゴスリングとエマ・ストーンと創る映画なのだから、すべてのミュージカルをなぎ倒すものだと思って半年間指折り数えて待っていた。この不完全な世界で、唯一完全な世界が現れるのだと思っていた。永遠に黒歴史として葬り去られると思われていたジャーニーを復活させた、音楽へのリスペクトと魔法に満ちた「glee」のあとに。


そんな期待に応えられる映画があるわけもなく、やっぱり肩透かしをくらってしまった。勝手に期待して勝手にがっかりするほどばかばかしいことはないし、映画に罪はないので、今後は自制していきたいと思う。

10.映像がキレイで有名な俳優がいい演技をしていてせつない恋物語で最初と最後にバーンって音楽があったから文句なし

と、延々と砂漠こと否定派が重箱の隅をつついてきたが、そもそも全体的に気にしすぎな気がしてきた。そこでリア充こと肯定派様の感想を拝読すると、「キレイな映像で有名な俳優が音楽に合わせて歌って踊っていてなんか切ないっぽい恋物語で洋服もかわいいので最高だった。他になにかあるんですか」という感じだった。

まあ確かにそれはそうかも。わたしは映画に何を求めているのか?!

「マルホランド・ドライブ」での「このシーンとこのシーンでこのコーヒーカップが出てきたからこれはこういうことだ」みたいな整合性を深読みする、なんてことはもう求められていないんだろう。現代人はいろいろ忙しいので、映画館で画面と音の刺激を楽しめる以上のことは求めておらず、映画の世界の中の整合性とか、背後にあるカルチャーへのリスペクト具合とか、考えながら見る必要はないんだと思う。


ということでリア充にはおすすめです!!












この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

好きです!!!!
86

akiko_saito

コメント13件

akiko_saitoさん
笑いが起きたのは口論の最中です。
私の勝手な推測ですが、そこで笑ったお客さんたちは、
ストーリーを考慮せず、役者の演技のうまい・へたも気にせず、
ただ単に「大声を出すことがおもしろい」と感じて笑ったのだと思います。

akiko_saitoさんが本文中で
「現代人はいろいろ忙しいので、映画館で画面と音の刺激を楽しめる以上のことは求めておらず、映画の世界の中の整合性とか、背後にあるカルチャーへのリスペクト具合とか、考えながら見る必要はないんだと思う。」
と書いていらっしゃる通りで、そんな「現代人」だから、口論の最中に「ハハハ」と笑ったのだと思います。
私も書いたのでよければ読んでみてください!
https://note.mu/unknownmen/n/nf1eb5d0a8ae3
今テレビで初観して、あんまり中味の無い映画なんで、誰かアンチはいるかと検索して、こちらを読んだら所々同感、笑えもして、センスの良い文章にファンになりました
@catさん 中身、、ないっすよね、、!!まじで、、!なんなん、、!ありがとうございます、、!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。