でき太くんの学習材サンプル

これまで体験学習をお申込みいただくご父兄から、「学習材のサンプルはありますか?」というお問い合わせをよくいただきました。
これまではそのようなお問い合わせに対しては個別で対応させていただきましたが、体験学習を受講される方の増加にともない、今後はこの場で、解説を入れたサンプルをご紹介したいと思います。

まず、1回目のサンプルは「わり算」です。

導入その1


導入その2


導入その3


導入その4


導入その5


まず、今回のプリントの内容を見ますと、多くの方が「簡単なのでは?」と思われるかもしれません。

そうです。
確かに、私たち「わり算」をわかっている人から見ると、簡単です。

ですが、このようなスモールステップで学習材を1枚、1枚構成していかないと、「わり算を知らない子」は、とたんにわからなくなるのです。

書店などでよく市販されている問題集等は、そばに「教える人」がいること、すでにある程度履修済みであることを想定して作られています。
そのため、構成のステップが荒削りなケースもあり、「わり算を知らない子」が自分の力で学習していくのがむずかしくなっています。

でき太は、子どもが「かんたん!できた!またできた!」という成功体験をくり返していくうちに、「習っていないことでも自分でできる!」学習材なのです。

みんなのライブラリー

「でき太くんの算数」を学習していて、困ったこと、わからないことがあったら、まずは「みんなのライブラリー」を見てみましょう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。